深部静脈血栓症

【概要】

深部静脈血栓症(Deep Venous Thrombosis:DVT)は静脈、特に大腿静脈などに血栓が生ずる疾患です。
足のむくみ、痛み、圧痛​​、赤み、発熱が起こる。
血栓が剥がれ、静脈内を流れ、肺動脈に達し詰まると肺血栓塞栓症になる。


【原因】

長期臥床によるもの、骨折での固定、長距離旅行、静脈の内側の損傷、手術(特に整形や脳神経に関わるもの)、転倒、炎症、および薬品は、静脈への傷害を引き起こすリスクがある。
妊娠中は骨盤の下の静脈内の圧力が増し血液濃度が濃くなる。出産後最長6週間継続する。
血液検査:Dダイマーのレベルが高くなる。


【治療・予防】

抗凝固薬で治療。
皮膚の下に注射またはヘパリンと呼ばれる薬を静脈内に注入。
経口抗凝固薬はワルファリン、ヘパリンで開始。

ビタミンKを含む食品は、ワルファリンの効果が変化します。
非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は、出血リスクの増加があるため避ける。

早期離床とストレッチ、水をたくさん飲む、弾性ストッキング着用などで予防する。


スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ