今回、あいちトリエンナーレの監督の津田大介さんと何時間かお話させて頂きました。

あいちトリエンナーレ2019~愛知芸術文化センター&名古屋市美術館&四間道・円頓寺編~
あいちトリエンナーレ2019~豊田市美術館・クリムト展~

津田大介さんから伝え聞いたことは詳しくは書きません。

しかしあいちトリエンナーレの全体像を把握すると「なるほどそういうことか」と分かります。
ニュースと新聞とネット情報だけ見てる分では分からないことばかりです。

私自身が実際にあいちトリエンナーレを鑑賞して気付いたことを書きます。


今までの経緯

2019年8月よりあいちトリエンナーレ2019開始
→韓国の平和の少女像の展示がある。
→京都アニメーション放火殺人事件と、韓国との情勢悪化というタイミングの悪さで政治利用される。
→あいちトリエンナーレに対して放火脅迫文。
→安全のために3日で展示禁止。
→一部アーティストが風評被害を恐れて展示を避ける
→脅迫犯罪行為をした犯人のトラック運転手逮捕。
→文化庁があいちトリエンナーレに対する交付金を後から中止する。
→交付金中止理由に対して検討や議事録もなし。気分のみ。完全に表現の自由規制と国家検閲。

愛知県と名古屋市のプロレス行政がうますぎる

前記事の
「弱者同士で潰し合う」という構図に乗らないこと
で書きましたが、

河村たかし名古屋市長と大村秀章・愛知県知事の連携が見事すぎるのです。


本丸は官僚による表現の自由規制という国家検閲(規制・増税)

あいちトリエンナーレは、内容がどうあれ国が憲法21条に反して表現を検閲して規制していることが問題です。

国としては「国が検閲して税金を取りたい」「日本を規制して衰退させたい」というのが本音です。

ちょうどアメリカの朝鮮利益のために日本に嫌韓する世論を作り出す時期と重なったので、菅官房長官を筆頭としてあいちトリエンナーレを糾弾して政治利用しました。

官僚の戦略として、マスコミを介してB層やネトウヨの嫌韓や嫌津田を煽って釣って踊ってもらうことにしたのです。

それに釣られて表現規制を支持した人は、見事にブーメランで自分が表現規制されて墓穴を掘るところまで官僚の計画通りでした。

だから本来はこれと逆のことをするのが日本国民としては正解になります。

表現の自由に反対することはアートに反対することと同じです。

学問に反することと同じ。自由主義に反することと同じなのです。

脅迫に対する安全から展示中止している

あいちトリエンナーレは、脅迫に対して安全のために展示中止しているのであって、表現の自由を中止しているわけではありません。

これを忘れている人が多くいます。

表現の自由は日本国憲法21条にあります。

それに反する脅迫や禁止という行為は、憲法違反なのです。

なのでどんな展示であっても受け入れなければいけません。

平和の少女像があってもいいし、ナチスドイツの旗があっても、日本の戦時中の旭日旗があっても良いのです。

それを「どう受け取るか」は見た人によります。

ただこれらを威力妨害で脅迫する行為はあってはなりません。

他人の表現の自由を奪う行為につながるからです。


あいちトリエンナーレ2019を叩くと墓穴を掘るワケ

2019年9月末にあいちトリエンナーレにテロをしていたと認めた自民党員の松平美濃守(匿名)というTwitterのアカウントの人物がいました。

これは立派な威力営業妨害になります。

愛知県の大村県知事も「威力妨害です」とツイートしていましたがその通りです。

「あいちトリエンナーレを叩けば正義だ!」とあいちトリエンナーレ叩きすると「よし!規制しよう!」と「自分たちの表現の自由規制に繋がるブーメラン」になると先を予想していなかったのです。

その縮図がこの松平美濃守(匿名)に集約していました。

脅迫電話テロしたと認めた自民党員の思慮の浅さが浮き彫りになりました。

今回、現実の日本最大の美術祭典あいちトリエンナーレは国の検閲で壊されました。

しかしそれと同じことが他のイベントでもいずれ起こります。

国は官僚がタダ飯食えるように民を規制してカネとることしか考えません。平気で憲法21条を破ります。

最悪な交付金禁止という前例

文化庁のあいちトリエンナーレへの補助金の不交付決定の何がまずいかというと、展示の内容云々以前に、

①公的資金交付を検討も議事録なしに、後から官僚と議員の気分で取り下げを決めているということ。
②今後の表現規制になるのに加え、文化以外の研究や医療や福祉の他の分野でも同じ気分の論理で止められるのに繋がるということ。

あいちトリエンナーレで民族的対立で感情を煽って味方をつけ、そこで釣れた魚たちのロジックを表現規制賛成・交付金禁止にすり替えていました。

規制(のちに増税できるから)という形で日本国民全員を沈没船に乗せるのが上手い、税金でタダ飯たべてる官僚さんと、その下で動く議員。