都市部と地方で情報格差がなくなり、娯楽も食べ物や日曜生活雑貨もネットでリアルより安く買える今となっては、都市部に住むメリットはほぼない。
ただ医療福祉は、地方すぎるととんでもないことになってるので「都市部近郊に住む」という折衷案を取るのがコスパ良い堅実的な現代風の生き方と言える。

毎年、日本一住みやすい市ランキング1位は愛知県長久手市なので、あえてここの高いところに行かず、長久手市の周辺で準日本一の候補を絞ると良いかもしれない。

絞り込むと瀬戸市、多治見市、各務原市、犬山市、愛西市、津島市とかが距離的に30分〜40分の通勤圏内で良さげ。

都市部から離れすぎず遠すぎずでコストパフォーマンスが良い。自動車でも行けるし名鉄やJR定期でも良い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

名古屋へ通うなら瀬戸市、各務原市、犬山市、多治見市、岐阜市、愛西市、弥富市、桑名市とかが10万〜20万円前後でコスパが良いことが分かる。SUUMOの価格相場MAP。