剃刀対決!シック(Schick) vs カイレザー(貝印 Kai-razor)【比較】

resize0377

最近、電動髭剃り(ひげそり)に不満を感じはじめ、剃刀(カミソリ)を使い始めました。

評価も分かるAmazonで購入しました。チェックしてみましたが普通の量販店より、Amazonは500円~1000円くらい安いです。
これは、普通の量販店が近所のお店と価格競争してるだけなのに対して、

Amazonはネットで世界と価格競争しているので圧倒的に安価になります。

剃刀(カミソリ)のメーカーでよく見かけるのは、
・イギリスのシック(Schick)
・アメリカのジレット (Gillette)
・日本のカイレザー(Kai-razor)
・日本のフェザー(FEATHER)
です。

 

イギリス発のシック(Schick)は、元々イギリスの武器メーカーであったウィルキンソン・ソード社(Wilkinson Sword:1772年ロンドン
創始)から派生してでき、現在の所有者はアメリカの電池メーカーであるエナジャイザー・ホールディングスになっています。
元々はヨーロッパで「刀剣」を作っていたメーカーなのです。
日本ではシック・ジャパンというエナジャイザーの子会社の会社が製造しているのでシック(Schick)という商品名ですが、
ヨーロッパではウィルキンソン・ソード社(Wilkinson Sword)という名称で販売されています。

↑シックのホルダーは多種多彩です。

 

アメリカ発のジレット (Gillette) は、キング・キャンプ・ジレット社(1901年)に安全剃刀を開発し、2005年にプロクター・アンド・ギャンブル (P&G) 買収されました。


世界規模のシェアでは「ジレット」が7割でほぼ独占です。
残り3割が「ウィルキンソン・ソード(欧州名)=シック(日本名)」でしょう。
ジレットもウィルキンソン・ソード(=シック)も親会社はアメリカなので、
実質、国で言えばアメリカの独占場です。

 

日本では「シック(日本名)=ウィルキンソン・ソード(欧州名)」が5割、「ジレット」が3割です。

残りの2割が貝印のカイレザー(Kai-razor)です。

日本の発カイレザー(Kai-razor)は、岐阜県関市の日本刀職人の遠藤斉治朗が1908年に創業しました。
岐阜県関市の日本刀は、日本史において歴代の戦国武将や猛将たちに、最も高価かつ有名で重宝された日本刀を生産してきました。
その日本刀が今では剃刀(カミソリ)へと姿を変えているわけです。

日本初のものには
カイレザー(Kai-razor)
フェザー(FEATHER)
がありますが、両方とも日本の岐阜県関市発の兄弟企業です。
カイレザー(Kai-razor)の本社は東京で、フェザー(FEATHER)の本社は大阪にあります。
それだけの違いです。


 

今回は、
シック(ウィルキンソン・ソード)と、カイレザー(Kai-razor)比較しました。

起源で言えば、
西洋の刀剣 vs 日本刀
です。

シックは、ハイドロ5 ディフェンスホルダー↓

シック ハイドロ5 ディフェンスホルダー

シック ハイドロ5 替刃 (8コ入)


カイレザーは、KAI4ホルダーを使いました。
貝印は、KAI5ホルダー、KAI4ホルダーとありますが、使いやすい方を選べますし、替刃も4枚刃も5枚刃でも自由に付け替えられます。


←KAI5  KAI4→


←5枚替刃 12P 4枚替刃 12P→

 

結論として、個人的には、
カイレザーの方が軽くて長持ちで、4枚刃でも剃り残しなく剃れました。
対して、
シックは「キレテナーイ」のCMだけあって安全なのですが、5枚刃でも剃り残しが多かったです。
そしてシックはカイレザーと比べるとホルダーが重く非常に短期間で刃が脆(もろ)くなりました。

この2つなら貝印のカイレザーの方が良いかなと感じます。

 

これをクリーム(ジェルフォーム)で試してみたり、

シック ハイドロ スキンディフェンス シェービングジェルフォーム 199g


ジェルで試してみたりしました。

ギャツビーひきしめシェービングジェル 205g


個人的には、ジェルの方が、綺麗に爽やかに剃れたと感じました。

 

Amazonで一番人気なのはジレットフュージョン5+1ホルダー(↓)


・・で、ジェルは
ギャツビーひきしめシェービングジェル 205g


・・の組み合わせですが、私は日本人としてあえてカイレザーをオススメします。


もちろんお好みでどうぞ。


続編

総合評価まとめ

【剃刀比較】カイレザー・フェザー(日本) vs シック(イギリス) vs ジレット(アメリカ)
http://libpsy.com/kai-razorvsfeathervsschickvsgillette/1462/

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

5 Responses to “剃刀対決!シック(Schick) vs カイレザー(貝印 Kai-razor)【比較】”

  1. はるやま より:

    シックのクアトロ4から貝印のKIA4へ変えたけれど慣れれば良い物ですね。外国産のようなスムーズさを期待して使い始めると1回だけで挫折する人もいるでしょうが。

    • tokeyneale tokeyneale より:

      >はるやまさん

      でしょうね…(´・ω・)

      私もそう思います。

  2. EEMMEE より:

    シックはアメリカの会社ですよ。ウィルキンソンはシックに買収された会社です。参考まで

  3. 松下大輔 より:

    僕も同感です
    共感してもらえる人がいないかな? と思ってググッたらヒットしました

    カミソリは国産メーカーの方が長持ちで剃り味もいいと思います
    ただ近所のドラッグストアを見てもジレットかシックしかなく、
    貝印とフェザーに問い合わせメールを送っても、やっぱりうちの近所には商品を卸してないとのこと

    ほんと「いい物なのに売れない」とはこのことなんですね

    • tokeyneale tokeyneale より:

      >松下さん

      >僕も同感です
      >共感してもらえる人がいないかな? と思ってググッたらヒットしました
      >カミソリは国産メーカーの方が長持ちで剃り味もいいと思います

      ですよね(๑•̀ㅂ•́)و✧
      いやぁ~~共感して頂ける方がいて嬉しいです!
      問い合わせまでするとは貝印熱がありますね!

      すごくスッキリと剃れますよね!

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ