過去記事(↓)にて、

剃刀対決!シック(Schick) vs カイレザー(貝印 Kai-razor)【比較】
https://libpsy.com/schick-vs-kai-razor/1115/

日本で売られている主要な剃刀(カミソリ)のメーカーは、
・イギリスのシック(Schick)
・アメリカのジレット (Gillette)
・日本のカイレザー(Kai-razor)
・日本のフェザー(FEATHER)

の4つ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の貝印(かいじるし)は、東京がカイレザーで、大阪がフェザーで元の会社は同じ。

イギリスのシックは、アメリカのジレットに買収されて世界的に剃刀メーカーはアメリカの独擅場であるとまとめました。

日本では「シック(日本名)=ウィルキンソン・ソード(欧州名)」が5割、「ジレット」が3割のシェアを占めます。

そして歴史的に見れば、日本は日本刀、欧米では西洋刀(ソード)の鍛冶屋さんが転職し、カミソリ屋を始めているのは共通なので「西洋の刀剣 vs 日本刀」の対決であると言うことです。

剃刀比較ジレットGillette

resize0377

総合比較した評価をまとめます。(満点は★5つ)

カイレザー(Kai-razor)/フェザー(FEATHER)


←KAI5  KAI4→


←5枚替刃 12P 4枚替刃 12P→

剃りやすさ:★★★★★
価格の手頃さ:★★★
刃の耐久性:★★★
機動性:★★★★

剃りやすさナンバーワン。
刃の耐久性も2週間~3週間ほどは持つ。
軽くて機動性が良く、細かいところまで剃れる。

ジレット (Gillette)

剃りやすさ:★★★★
価格の手頃さ:★★★★
耐久性:★★
機動性:★★★

カイレザー/フェザーほど剃りやすさは劣る。しかし価格的にコストパフォーマンスが良い。
刃の耐久性は1週間程度。
カイレザー/フェザーよりも重い。デザインのせいかカイレザー/フェザーほど細かいところまでは剃れない。

シック(Schick)

剃りやすさ:★★
価格の手頃さ:★★★
耐久性:★
機動性:★★

ジレットよりも剃りやすさにおいて劣る。
価格は同じくらいなので並んでたらジレットの方がいい。
刃の耐久性は5日程度。
デザインのせいかジレットーほど細かいところまでは剃れない。そして重い。

まとめ

 

やはり日本人なら日本刀!カイレザー/フェザー!圧倒的な剃りやすさと使いやすさ!


←KAI5  KAI4→


←5枚替刃 12P 4枚替刃 12P→

価格的なコストを考えるならアメリカのジレット!

シック ハイドロ スキンディフェンス シェービングジェルフォーム 199g

ギャツビーひきしめシェービングジェル 205g

これらに上記のシェービングフォームやジェルをお好みで使うと、とても気持ちのよい朝を迎えることができます。