基本、民営化はどんどんやったほうが良い。

価格が安くなって質も良くなる。庶民に優しい。

ただ背後に外国の外圧がある場合はカネ奪われて悪化するだけなので止めたほうが良い。

医療や福祉のインフラに関わることなら尚更。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

例えば、市町村の有料ゴミ袋ほど無駄なことはない。

民営化して袋にNTTやau等のロゴが入るだけでタダになる。

街角で配れば、無料テッシュよりみんな喜んでもらうだろう。

本来、無料の袋を国が有料(の利権)にしているので、袋を買わなくなり、ゴミを道に捨てたりコンビニに捨てる。

税の負担はモラル低下・治安悪化と環境汚染を生み出す。

地域格差も出てきてしまう。

市町村民からゴミ袋でお金を集め、公務員が建てた豪邸を維持するためにゴミ袋代を大多数の人が払い続けることになっている。

大学も「私立大学が高いので国は助成金を」じゃなくて、国立大学があるから私立が高くなる。

オール民営化の私立でいい。安価で貧困層への教育機会も得られる。

「低賃金や非正規雇用の改善を」じゃなくて、税金(一般会計=公務員の給料)を取るから、可処分所得が減って不景気となり経営が傾いてそうなってる。

公務員を減らしたほうが良い。

有料ゴミ袋の無料化と同じくらい、児童相談所・保護所の民営化は必要。
児童相談所は、臭いものにはフタの思想の下で、腐った天下り公務員により、二次的な虐待場所になってる。

社会問題として表面化しない。隠蔽する刑務所と同じ。

減らすべき。税金で増やす場所ではない。

アメリカの刑務所ビジネス(逮捕して刑務所に入れれば、合法的に最低賃金以下かつ最小の生活コストで働く奴隷のような人材を会社が雇える)は、日本人という逆らわない優良奴隷を手に入れたい。

日本の冤罪逮捕で魔女裁判できる中世の司法制度と相性良すぎる。

保護という大義名分で、それと同じような機能をする場所を増やすべきではない。

ぶっちゃけ水道民営化も、市役所の水道課が、第一水道課、第二、第三…第七と必須インフラであるのを口実に量産され、公務員が楽して稼げる税金の無駄遣いの温床にされてる復讐もある。

実際に一度でいい印鑑を、用紙を何度もひっくり返して何度も調査してハンコ打つだけの課。

ここまで無駄に無駄が多すぎるのが税金(一般会計)であり、公務員を減らして、民営化すれば解決することばかりなのだ。