親と幼少期より仲悪いと愛着障害から親元から逃げるのも早い。

結婚も離婚するのも早い。

虐待も多い。

「自分はあんな親にならない」と自覚し続ければいい。
しかし大半は「親は許せない。この怒りのサンドバッグで誰かひどい目に会え。」と他人や自分の子どもに親と同じことをする。

それが先祖代々連鎖する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毒親から逃げられればまだまし。直接的な暴力から逃げるならわかりやすい。

一番厄介なのは、子を習い事漬けや罰ゲームのように虐待的に生活規制させまくりなのに、恩着せがましいこと言って罪悪感で操作しようとする毒親。

この罪悪感と抑圧の環境から逃げられないのがつらい。

よく「何で親と仲悪い人は結婚も離婚も早いんだろ」と聞かれるが、当たり前。

親元から離れるのも早くて愛着障害の可能性も高くなる。

常に仲間意識に固着しようとする。

異性を求めて家族ごっこをして満たそうとする。

例えば、ヤンキーリア充の聖書である漫画の「ワンピース」(いや私も好きだが)も、登場人物全員が幼少期から人生最大の不幸ハードモードから始まる。

その救済がヤクザの義兄弟の家族的な仲間意識。そこに親和性を感じてしまう。

カウンセリングの時に、先祖代々背負ってきた、引き受けてきた悪霊の先祖が視えるような気がしてしまう。

もうその浄霊の作業になる。

親ならまだいいが、祖父母から、その先代から、どこから現代まで心理的遺伝で持ち込んできてんだと思う。