スタチュー・スクエアにいたらサー・トーマス・ジャクソン(Sir Thomas Jackson, 1st Baronet)の銅像の頭に鹿子鳩(Spotted Dove)

私の実家では「やにこい」という言葉が出てくる。
標準語ではないので気になっていた。

私が生活の中で分析していくと
・古い
・細かい
・面倒くさい

の3つの条件がつくと「やにこい」という言葉が使われている。

例えば、私の父は「やにこい男」と言われる。
セロハンテープが必要になった時「壁のメモを留めてあるセロテープを剥がしてもう一度使え」と言う。
そのセロテープはすでに15年以上も前のものである。

さっさと新しいセロハンテープを使わせてくれればいいのに。

古く、細かく、面倒くさい。

こういう時に「やにこい」という。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全国方言辞典によると

やにこい
京都府・・壊れやすい。ひよわい。
兵庫県・・弱々しい。
奈良県・・粗悪で貧弱な。
和歌山県・・ものすごい。

やねこい
石川県・・汚い。むさ苦しい。
岐阜県・・やりにくい。
愛媛県・・めんどう。気難しい。汚い。

となっている。

主に関西圏を中心に「やにこい」は「弱い」というニュアンスで使われている。
派生は同じ語として「やねこい」は「汚い」「面倒」というニュアンスで石川県と岐阜県と愛媛県で使われている。
おそらく愛媛県は関西圏と近いので海を渡って行ったのだろう。
岐阜県と石川県も関西圏から飛び火したと推測される。

昔から脂(あぶら)は「やに」(松脂などの天然樹脂のこと。タバコを吸ったときにたまる褐色の粘液。)とも呼ばれ、これが「濃い」ので、「やにこい」となったのだと考えられる。

私の生活の中で出てくる「古く、細かく、面倒くさい」というニュアンスと少々異なるが、概ね同じであった。

弱く、汚く、面倒くさい」という意味なのだ。