リバータリアン心理学とは?

リバータリアン心理学Libertarian Psychology)を語る前に、まずリバータリアンリバタリアニズム、Libertarianism)について知る必要があります。入門ですので手短に大雑把に書きますがお許し下さい。

下に示す図はノーラン・チャート(nolanchart)を、私が日本語版にしたものです。nolanchartJapanese

いきなり複雑な図形を見せて申し訳ございません。
このノーラン・チャートにも補足したい点が多々ありますが、リバータリアニズムを学ぶ上で理解を促進するので参考に記載します。

ここで言いたいことは一つだけで、

リバータリアニズムとは、

『「個人の自由」も「経済の自由」も両方とも尊重する

というイイトコどりの政治的な姿勢・思想ということです。
イメージカラーはグリーンです

ここで「え?政治思想?」それがどう心理学と関係してくるの?

と最初に思われたのではないでしょうか。

日本では心理学・精神医学と、社会学・経済学は、自然科学と社会科学のごとく切り離されて考えがちですが、欧米(主にアメリカ)では「リベラル・アーツ」という別け隔てない総合的な近代学問体系(University)が基本ですので、

人格心理学(パーソナリティ心理学)においても、「心理学の社会的側面」は切っても切れぬ仲にあり、
リバータリアン・パーソナリティ」はもちろん、
リベラル・パーソナリティ
コンサバティブ・パーソナリティ
権威主義的パーソナリティ
というのも研究として存在します。

中でも最近になって再評価されたリバータリアニズム心理学は、

リバータリアン的パーソナリティ(人格)

つまり、「個人の自由」も「経済の自由」も尊重する、とにかく何よりも自由を最大限に尊重するパーソナリティ心理学のことです。

ジェームズ・マディソン大学のオーディ・ギャディス博士(Audie Gaddis, Ph.D.)は、これを
“Libertarian Psychology is a psychology of personal freedom and responsibility”自由と責任の心理学)と定義しています。

 

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

2 Responses to “リバータリアン心理学とは?”

  1. 川頭信之 より:

    ノーラン・チャートは実はイングルハートの価値マップと同じではないですか。心理学と社会学が一致した!
    http://www.tachibana-akira.com/2012/05/4292

    • tokeyneale tokeyneale より:

      コメントありがとうございます!するどいですね!これからそれも書こうとしていたところでした!リンクも参考にさせて頂きます!

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ