【剃刀比較】カイレザー・フェザー(日本) vs シック(イギリス) vs ジレット(アメリカ)

過去記事(↓)にて、

剃刀対決!シック(Schick) vs カイレザー(貝印 Kai-razor)【比較】
http://libpsy.com/schick-vs-kai-razor/1115/

日本で売られている主要な剃刀(カミソリ)のメーカーは、
・イギリスのシック(Schick)
・アメリカのジレット (Gillette)
・日本のカイレザー(Kai-razor)
・日本のフェザー(FEATHER)


の4つ。

日本の貝印(かいじるし)は、東京がカイレザーで、大阪がフェザーで元の会社は同じ。

イギリスのシックは、アメリカのジレットに買収されて世界的に剃刀メーカーはアメリカの独擅場であるとまとめました。

日本では「シック(日本名)=ウィルキンソン・ソード(欧州名)」が5割、「ジレット」が3割のシェアを占めます。

そして歴史的に見れば、日本は日本刀、欧米では西洋刀(ソード)の鍛冶屋さんが転職し、カミソリ屋を始めているのは共通なので「西洋の刀剣 vs 日本刀」の対決であると言うことです。

剃刀比較ジレットGillette

resize0377

総合比較した評価をまとめます。(満点は★5つ)


カイレザー(Kai-razor)/フェザー(FEATHER)


←KAI5  KAI4→


←5枚替刃 12P 4枚替刃 12P→

剃りやすさ:★★★★★
価格の手頃さ:★★★
刃の耐久性:★★★
機動性:★★★★

剃りやすさナンバーワン。
刃の耐久性も2週間~3週間ほどは持つ。
軽くて機動性が良く、細かいところまで剃れる。

ジレット (Gillette)


剃りやすさ:★★★★
価格の手頃さ:★★★★
耐久性:★★
機動性:★★★

カイレザー/フェザーほど剃りやすさは劣る。しかし価格的にコストパフォーマンスが良い。
刃の耐久性は1週間程度。
カイレザー/フェザーよりも重い。デザインのせいかカイレザー/フェザーほど細かいところまでは剃れない。

シック(Schick)



剃りやすさ:★★
価格の手頃さ:★★★
耐久性:★
機動性:★★


ジレットよりも剃りやすさにおいて劣る。
価格は同じくらいなので並んでたらジレットの方がいい。
刃の耐久性は5日程度。
デザインのせいかジレットーほど細かいところまでは剃れない。そして重い。

まとめ

 

やはり日本人なら日本刀!カイレザー/フェザー!圧倒的な剃りやすさと使いやすさ!


←KAI5  KAI4→


←5枚替刃 12P 4枚替刃 12P→

価格的なコストを考えるならアメリカのジレット!



シック ハイドロ スキンディフェンス シェービングジェルフォーム 199g


ギャツビーひきしめシェービングジェル 205g


これらに上記のシェービングフォームやジェルをお好みで使うと、とても気持ちのよい朝を迎えることができます。

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

One Response to “【剃刀比較】カイレザー・フェザー(日本) vs シック(イギリス) vs ジレット(アメリカ)”

  1. 通りすがり より:

    耐久性、1枚当たりの単価、普通に考えたら日本製の方がコスパでも圧倒しているけれど、何を見て判断をしているのでしょうか?

    記事が適当すぎます。

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ