パーキンソン病とやにこさは関連しているのか?

私の父は若年性のパーキンソン病にして「やにこい男」である。

「やにこい」とは何か?
https://libpsy.com/yanikoi/3948/

ここで詳しく書いたが
私が生活の中で分析していくと
・古い
・細かい
・面倒くさい

の3つの条件がつくと「やにこい」という言葉が使われている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

身体障害者で長年の介護状態である。今は私とはほどよい距離感で安定性を保っている。

私の父親はパーキンソン病という難病で40代で会社を解雇され、私はもう15年以上も介護している。

パーキンソン病の人は「時間の変異」が起こるらしい。

父親も「毎日が平坦だ」と言ってた。

普通、多くの人にとって毎日の時間感覚は「断続的」で「気分浮き沈み」で波がある。しかしパーキンソン病だと「継続的に平坦」だという。

例えるなら、健常な人は大小違いあれど毎日の気分が「海のように波」がある。パーキンソン病だと「湖のように波がない」のである。

大脳基底核、中でも線条体は、黒質から線条体へのドーパミン作動性経路が障害される。
パーキンソン病は時間感覚の変異がある。ADHDや統合失調症も同様である。
パーキンソン病はドーパミンが出ない病。
ADHDや統合失調症はドーパミンが出すぎる病。
妄想を生みにくい病と、妄想だけの病。
正反対であるのは有名である。

ドーパミンアゴニストは時間を過大評価させ、アンタゴニストは時間を過小評価。

ドーパミンは内部時計スピードに関与する可能性があるらしい。

やにこさの法則性

よく父の工作に出てくるものが「落ちている木の枝」「セロテープ」「タコ糸」「ハンガー」「ペットボトル」「ペットボトルのフタ」「輪ゴム」である。

早い話が小学生の工作で使われる物品だ。

例えば、先日も外の倉庫のカンヌキ錠が壊れた。

これを「落ちていた木の枝とセロテープを使って鍵を作ろう」というのである。
毎回、セロテープも新品ではなく壁に貼っているものを再利用する。

セロテープなので

私「いや、雨の日に濡れて剥がれて終わりじゃないか。」

父「雨の日は天気予報で分かるし、雨で剥がれたらセロテープを貼り替えれば大丈夫だ。家族と親戚も総動員して当番制にして係を決めてセロテープを貼り替えよう。」

もちろんそんなのお断りし、無視して、簡易のカンヌキ錠を買いに行くのだが。

こうして他人を巻き込みながら自分の「やにこ物語」へ引きずり込むのである。

自分は手足が動かないので、家族も親戚を動かそうとするのだが迷惑行為すぎる。
他人を動かそうとするのは潔癖症=強迫性人格障害の特徴的な「幼児的操作」である。

これに操作されると「おーいセロテープが取れてるぞ-」と呼び出されて操作されるのでその手口には最初から乗らない。

この「幼児的操作」の行為が「やにこさ」と関連しており、パーキンソン病の根底にある気がする。