日本はハロウィンを1年中に拡大して良いと思います。

近年リア充が定着させた行事で毛嫌いされる感じがあります。

しかし著作権だの児ポだ青少年健全育成だのと言いがかりで規制・監視してカネを取ろうとする官僚・政治家に対し、合法的な表現の自由・コスプレ仮装文化として「国際的な文化的慣習」として認知されれば無問題になると思うからです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハロウィンは古代ケルトの土着信仰が起源です。

キリスト教カトリックからは悪魔教にされ、プロテスタントからもグレーな祭りです。

少なくても反キリスト教的な祭りではあります。

つまりハロウィンとクリスマスは相反するお祭りになります。

どちらかと言うとハロウィンの方はケルトなので日本の祭りや歌とも親和性が高いのです。

どうやらハロウィンが抑圧された潜在的コスプレーヤーの欲求解放の行事として機能しているようです。

なので、いっそクリスマスにも多様な日本文化の要素を組み込んで、オタク的な行事にしてしまえばキリスト教の欧米圏はTPPでも何も言えないと思うのです。