心理学・精神医学

心理学・精神医学

なぜハラスメントや過労に気づけるのに基本的人権を叩くのか

パワハラやセクハラやアカハラや過労など労働問題にも敏感に気付ける人が、 それらの問題から守ってくれる三権分立や基本的人権や各自由権をぶっ潰す主張に賛同してるパターンが本当に理解できない。 そう。成田悠輔氏もそうだけど、日本国憲法の最低限のラ...
心理学・精神医学

「あいつウザいよねーキモいキモい」のウザキモ会話をする人から離れなさい

水商売の友人から話を聞くと「”あいつウザいよねーキモいキモい”と人間関係の妬み嫉み僻みのしょうもない話する人の精神年齢が幼く感じて、近寄りたくもない。」と言う。 彼・彼女らが普段相手してる客層である経営者や資産家が話す「億円単位の借金が…」...
心理学・精神医学

なぜ発達障害は性別の問題に敏感なのか?

発達障害の外界の法則やルールへ固着する故にもつ「中心の自我のなさ」から来る「身体的な違和感」からの「性別的な違和感」が 亭主関白な男性のパターナリズムや、独善狂な女性のフェミニズムに強い嫌悪感を示す。 自我が薄いのに「嫌悪感」の感情がどこか...
心理学・精神医学

心理的安全性を高めると本領発揮しやすくなるのは小集団のみ

謙虚なリーダーのもとで心理的安全性が高まりメンバーが本領発揮しやすくなる――職場においてリーダーの謙虚さと心理的安全性が果たす役割―――先端科学技術研究センター 東京大学 | UTokyo (@UTokyo_News) March 15, ...
心理学・精神医学

なぜ「素人」が相談に乗った方が問題行動が減るのか?

橘氏にしては分析が浅すぎる 「スクールカウンセラー」はほんとうに役に立っているのか?(橘玲)  5年以上の経験を有する者。不思議なことに、臨床心理の専門家が多いほど生徒の問題行動は増え、子どもの相談に乗った経験があるだけの「素人」が多いほど...
心理学・精神医学

自己愛の言う「傷ついた」「苦労した」に「生活苦」が出てこない理由

自己愛性の言う「傷付いた」である「有名大学や大企業に落ちた」「年収が下がった」「企業で評価が低い」「キャリアに傷がついた」という 『外部のモノサシ』は幼少期で発達が止まったことが原因だが 何一つ「生活」に立脚した生老病死、貧困の経済的事情、...
心理学・精神医学

「安楽死・尊厳死」の自己決定の範囲をこれ以上拡大すると知らない誰かが死の自己決定する

「死の自己決定権」の議論~ALS患者嘱託殺人事件を受けて~ 前記事の続きです。 安楽死や尊厳死はすでに自分以外にも家族や医師に代理決定があるので、「家族ら」「医師ら」と、これ以上の範囲拡大をすると「誰か知らない他人」が、唐突に自分の死の自己...
心理学・精神医学

「合っている」と「正しい」が分からない人が詐欺師になり、詐欺師にも騙される

官僚行政は必ず集団的浅慮(グループシンク)で「誤った意思決定」をする 前記事の続きです。 「合っている」と「正しい」が分からない人が無自覚に詐欺師になり、詐欺師にも騙される 例「太平洋戦争」と書いて「合っている」と「正しい」と混同。 ・全集...
心理学・精神医学

質問に対して分からなかったのに「お前が悪い」と返す人の心理

自己愛病理だと 質問されて自分の分からないことに対する答えが「お前が悪い」になったり、 質問を調べたあとに「私は調べて分かった。お前には分らないだろう」と虚勢を張る。 前後や因果をねじ曲げても他人のせいにする。 「私は全知全能に出来るんだ」...
心理学・精神医学

スクールカウンセラー「雇い止め」の邪悪な本質

心理師を消した後、そのカウンセラー席にパワハラ・セクハラ大好きな天下り教員OBおじさんを天下らせ、二次虐待を児童へ加えるのでガチで最悪なんですよ。  東京都の非正規公務員として働くスクールカウンセラーが3月末で「雇い止め」に遭うとして労働組...