W3 Total Cacheは危ないのでQuick Cacheを使おう

W3 Total Cacheを消し忘れてQuick Cacheを入れたらQuick Cacheに「The following plugins are not compatible with W3 Total Cache and will cause unintended results」というメッセージが出続けていました。

W3 Total Cacheを停止・削除したら消えました。おそらく競合によるエラーメッセージでしょう。

どうもW3 Total Cacheは脆弱性が発見されたようです。

また「WP Super Cache」も同様で、使うならば最新版を使ったほうがよさそうです。

しかし、このようなデータキャッシュ系のプラグインは、定期的にページのデータを掃除したり、訪問者のパソコンにキャッシュとしてデータを保存しておいたりして、また次に見る際にそこから読み込んで高速化・データベースへの負荷を避けるというもので重宝されています。
しかし、逆に書き手の更新頻度が高いなどの理由で過去記事を更新しても、訪問者は過去のキャッシュデータを拾いに行ってしまうので、書き手は更新された画面を見ていても、訪問者は「古いページ」を見続けるというデメリットの可能性もあります。

ページ内容が数枚の画像と文章くらいしかないのなら、察して使わなくてもいいのかもしれません。

ちなみに「Quick Cache」はデフォルトではインストールしてプラグイン有効しても実際には稼働しておらず、プラグイン→オプションでCaching Enabled? の所を「ON(Enabled)」
を選択して「Save All Changes」をクリックすれば有効化します。

初期設定ではCache Expiration Timeの項目は3600秒(1時間)になっています。

つまり1時間毎にキャッシュを掃除して自動で更新してくれます。これより短いと逆に負荷をかけるのかもしれません。

ただどのみち、キャッシュを消したければ「Clear Cache」のボタンで手動で消していれば問題はありません。

キャッシュ掃除系プラグインは、高速・低負荷ではありますが、用法用量を意識して、自分のページと見比べて必要かどうかを判断する必要がありますね。

ロリポップ 「WP Super Cache」「W3 Total Cache」で脆弱性
http://lolipop.jp/info/news/4051/
WordPressを高速化させるプラグイン 「Quick Cache」インストールと設定
http://gunzine.net/2012/02/10/41/
W3 Total Cacheって実はヤバイのかも知れない
http://ore.hatenablog.jp/entry/20130127/1359270937

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

One Response to “W3 Total Cacheは危ないのでQuick Cacheを使おう”

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ