君の名は。総評~FF10と唯名論~

resize1292

今秋の「君の名は。」を見てきた。始終、岐阜弁でしゃべるのでマジで岐阜県アニメだった。
岐阜県民は見ておいた方がいい。
名古屋駅にワイドビューひだに美濃太田駅に飛騨古川駅と随分と馴染みのある場所を神作画で描いてくれて良かった。

あらすじ(ネタバレ)

君の名は は、岐阜県の女子高生が、未来から来た東京のイケメン男子の霊に取り憑かれて、地元の発電所を爆破テ口した挙句、毎朝泣きながら自分の胸部をモみ狂って果てる話。

スポンサーリンク

岐阜県民は必見の岐阜県による岐阜県のための岐阜県アニメ

君の名は は設定だけが岐阜県程度かと当初思ってたが全部岐阜県だった。
人格が入れ替わるせいで主人公・ヒロインみんな始終、岐阜弁。高山弁なまりで。
東京から岐阜飛騨目指す話。岐阜県のための岐阜県による岐阜県アニメ。
岐阜県のローカルアニメ認定していいやら。岐阜県民は必見。

唯名論的アプローチからの存在論

「君の名は」のタイトルからも分かるように裏には「唯名論の普遍論争」がある。
普遍的存在を否定して行くのを帰納法的プロセスから「結び(縁)」という形で表現しているように考えられる。

「君の名は」は正直深く語れるほどのものはない。
だがあえて必死に深く語れるように考えると唯名論から記号言語学、認知科学へと重層的に抽象思考を求められる。

帰納的に記憶の断片を再合成させて、前世療法のごとく相手の生き方を追体験することで最悪の未来を回避しましたという話なのだ。

総評

「君の名は」で一番近くて似てると思ったのは「FF10」。
主人公が1000年前に死んだ霊体で、滅びたザナルカンド目指しましょう、という内容。
ザナルカンドが岐阜県飛騨古川。あと性転換させて深夜アニメにした感じ。

FINAL FANTASY X-2 HD Remaster – ティーダ復活エンド


FF10にしても君の名はにしても1000年前の(君の名はだと3年前の)幽霊主人公を成仏させてエンドさせた方が綺麗で良かったと思う
FINAL FANTASY X エンディング


時代設定が2016年で2013年のスマホを使って気付かないのはギリギリの設定だったと思う。
ましてLINEで長期的にやり取りしてるので本来だったら日時表示が出て未来通信だと途中で気づく。

君の名は、のアニメ要素で言うと隕石落下はサマーウォーズの衛生落下のラスト、
未来日記やシュタインズゲートの未来回避、夏色キセキのお石様とか、
何か少し懐かしい深夜アニメを思い出した。
しかし中心基盤は「ファイナルファンタジー10」である。
幽霊や巫女要素までそっくりだ。

「君の名は」の総評として金曜ロードショー向け、つまりサマーウォーズのように万民受けする興行向けではある。
ただ普遍論争をチラ見せしてFF10をなぞった感じで、まどマギ反叛やシンゴジラのように深くは語れない。

しかし映像美は素晴らしいのでここは価値ある。

君の名は も新海誠が長野県出身で長野県諏訪市を舞台に、岐阜県飛騨市古川に諏訪湖を描いた。

おまけ

君の名は で出てきたラストシーンの此世と彼世の山の山頂。元ネタは長野県飯田市の「御池山クレーター」だろう。設定が同じ。
https://t.co/Yj80SWveXf
イメージは静岡県伊東市の「大室山」だろう。輪郭が同じ。
https://t.co/P1LZ0KKAtG

【ゼルダの伝説で一番トラウマになるゲームオーバー】ムジュラの仮面編 月が落下するシーン


Final Fantasy X (FFX FF10) – メテオ


3.11は津波だったので、海のない県でないと「隕石で街が消し飛ぶ」という表現は出来なかったのだろう。
諏訪と飛騨市民は犠牲になったのだ…。
穢土転生の術は本来こうやって隕石の道連れに使うものだ。

うちはマダラ 天碍震星


NARUTO うちはマダラ vs 忍連合軍

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ