海外で長期滞在するならクレジットカードどうすればいい?戦争が起こって海外に逃げて難民化したらクレジットカードは何をもっていればいい?
と聞かれました。

長期滞在の場合はもちろん、感染症や今のロシアやウクライナのように急な制限で海外で足止めされたり、戦争で難民化したらどうしよう…。
もし怪我や事故をして旅行中のケガや病気の治療費で海外の医療機関は自費で診察を受けるとかなり高額に…

「海外保険がなくてヤバい!」という事態を防ぐ方法を紹介します。


結論

結論から書くと
【保険自動付帯】年会費無料のエポスカード
【保険利用付帯】年会費無料のリクルートカード
【簡易海外送金】WISE

この3つを使います。

やり方は、
①自動付帯のクレジットカードで航空券を支払うことで最初の海外旅行保険90日(3ヶ月)利用
②利用付帯のリクルートカード(1枚目)を切れるタイミングで電車賃等の交通費を支払って更に海外旅行保険90日(3ヶ月)延長
③利用付帯のリクルートカード(2枚目)を切れるタイミングで電車賃等の交通費を支払って更に海外旅行保険90日(3ヶ月)延長

この組み合わせで最大180日間の海外保険の利用ができます。

自動付帯と利用付帯のクレジットカードを用意しよう

クレジットカードの海外保険は「自動付帯」と「利用付帯」があります。

自動付帯は、海外へ行った場合に持っていれば自動で保険が使えるようになるもの。
利用付帯は、海外の関連で利用した時に初めて保険が使えるようになるものです。


①自動付帯のクレジットカードで航空券を支払うことで最初の海外旅行保険90日(3ヶ月)利用

【保険自動付帯】年会費無料のエポスカード

外国へ行く時に持っていれば自動で保険が使えるようになる「自動付帯」

エポスカード が年会費無料ながら保険自動付帯のついているカードになります。

実は自動付帯のついているカードはかなり少なくて貴重です。
基本的にはゴールドカードなどの高額な年会費のかかる有料カードしかありません。

年会費永年無料の楽天カードでさえプレミアムカードでなければ自動付帯は適用になりません。

しかしエポスカード は年会費無料でありながら自動付帯がついているのです。

基本的には海外旅行でエポスカード を持っていくだけで90日間は海外旅行保険が使えます。

海外旅行中にトラブルがあった際使える「海外旅行傷害保険」で保険料から充填されます。

②利用付帯のリクルートカード(1枚目)を切れるタイミングで電車賃等の交通費を支払って更に海外旅行保険90日(3ヶ月)延長

①で90日が経過したら次は
【保険利用付帯】年会費無料のリクルートカード
を使います。

海外の関連で利用した時に初めて保険が使えるようになる「利用付帯」

ただし海外旅行保険の利用付帯が使えるようになるためには条件があります。

・自宅から空港へ行くまでの公共交通機関の代金
・海外航空券、海外ツアーの代金
・海外での公共交通乗用具(電車、バス、飛行機)の利用代金

の「いずれか」を支払うことで補償の対象になります。

逆にこれらのいずれかをしなければ海外旅行保険は適用されません。

持っているだけでは適用されないので、
逆を言えば海外へ行って90日後に利用すれば保険の適用になるのです。

海外で90日が経過したら、電車やバスの料金をリクルートカードで支払いましょう。

他にも海外旅行保険の利用付帯のカードはあります。しかしほとんどが
・海外航空券、海外ツアーの代金
のみを適用条件にしているので、必然的に「日本出国前の航空チケットの決済」から適用になってしまい、出国後にどれだけ使っても適用ができないように仕込まれています。

その点、リクルートカード
・海外での公共交通乗用具(電車、バス、飛行機)の利用代金
を支払った時から利用付帯になる適用にしているのでおすすめなのです。


③利用付帯のリクルートカード(2枚目)を切れるタイミングで電車賃等の交通費を支払って更に海外旅行保険90日(3ヶ月)延長

【保険自動付帯】年会費無料のエポスカード
【保険利用付帯】年会費無料のリクルートカード

①自動付帯のクレジットカードで航空券を支払うことで最初の海外旅行保険90日(3ヶ月)利用
②利用付帯のリクルートカード(1枚目)を切れるタイミングで電車賃等の交通費を支払って更に海外旅行保険90日(3ヶ月)延長

ここまでで6ヶ月(半年)が海外旅行保険の適用になりました。

そして最後に
③利用付帯のリクルートカード(2枚目)を切れるタイミングで電車賃等の交通費を支払って更に海外旅行保険90日(3ヶ月)延長
をすれば更に伸ばすことができるわけです。

なぜ楽天カードでは不十分なのか?

私は常に使っているカードは無料の楽天カードです。
しかし海外旅行保険においては改悪により期待できなくなりました。

もちろん年会費永年無料の楽天カードにも海外旅行保険の利用付帯あります。

「楽天クレジットカードで航空券を支払うことで最初の海外旅行保険90日(3ヶ月)利用」なのです。

つまり楽天カードでは日本出国後の公共交通乗用具(電車、バス、飛行機)の利用代金では、利用付帯の適用外なのです。

もちろん出国直前の飛行機チケットを楽天カードで支払って利用付帯を機能させ、90日後にリクルートカードを現地で使って延長させることもできます。しかし、それだったら自動付帯のカードを最初から持っていけば良いのです。


【簡易海外送金】WISE(ワイズ)

加えてWISE(ワイズ)の簡易海外口座をもっておけば海外ATM出金も一定額無料で使えます。

クレジットカードだけを持っていてもそれが停止されたら困りますよね?

海外ATMで現金をおろしたい、いざという時に支払い決済したい。

そんな時のためにWISE(ワイズ)の簡易海外送金口座を使いましょう。

WISE(ワイズ)は古くからパソコンやスマートフォンでお馴染みのSkype(スカイプ)の創設者の会社の送金用のシステムです。

詳しくは私が解説していますので御覧ください。
どこの国の通貨でも最も安価な手数料で両替して、海外ATMから引き出すことができます。

WISE
海外送金最安値のWISEに無料登録しておく重要性