若年性パーキンソン病の父の介護をしていた頃、「着やすい服がほしい。それでいて外に出ても恥ずかしくないもの。」というオーダーがあった。

パーキンソン病は手足が振戦(ふるえ)して、ほとんど動かなくなる。

上下肢を曲げることは可能だが、指先などで細かな微細動作をすることは困難だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「前開き」する理想のパジャマ・寝巻き

パジャマ・寝間着であれば誰にも見られないので以下のようなものを買った。

介護 パジャマ 通年用 メンズ セミオープン

介護パジャマ メンズ 紳士用 長袖 フルオープン 通年タイプ 入院着 マジックテープ

きほんのパジャマ(寝巻き) 【紳士用 M】 綿100% マジックテープ付き ズボン/前開き (介護用品)

こういった「前開き」「前割り」する服の介護用品が理想的だ。

特に夜間は排泄で急ぐこともあるのでマジックテープの寝間着が効果的。

在宅では二着~三着くらいあればいいだろう。

それが私服にも使えるものを探した。

必然的にジャージやパーカーの方向性へ向かう。

介護用品を選ぶ上で大切なこと

個々の状況の障害者等級とADL(日常生活動作自立度)に応じて選ぶと良い。

本人が自立して着脱できることは自尊心低下の防止にもなる。
介護のたびに呼ばれなくなるので介護者の介護負担軽減にもなる。

苛立ってキレる前に「転ばぬ先の杖」が介護には必要なのだ。

私服にも使える介護服の条件

私服にも使える介護服の条件としては、

・色は黒か紺色
・ゆったりとしたデザインのもの
・パンツの腰回りはゴム式か紐式。できればゴム式。あれば前開きマジックテープ式が望ましい。
・上着は「かぶる」より「羽織る」もの
・介護されている人だと見えにくい

・・ことである。

色は黒色か紺(こん)色

色は黒か紺(こん)。

これは排尿や排便で汚れた場合に目立つためである。出歩く以上は清潔で見られたい。

ゆったりとしたデザインのもの

ひっかかりが多いと着脱に難儀する。

イメージとしてはバスケットボール選手のユニフォームが良い。
ほどよくルーズで通気性もよく、無駄な引っ掛かりがない。
特に夏場には向いている。
手足に無駄にゴムの締め付けがないのも手足が通りやすくていい。

パンツの腰回りはゴム式かヒモ式。できればゴム式かマジックテープ式

問題となるパンツの着脱。腰回りの素材が着脱可能か問題である。

Gパンのようにフック式は微細動作ができないので論外。まず硬いので自立して履けない。
ボタン式も論外。
ヒモかファスナーがギリギリ可能かどうかである。
腰回りオールゴム式か、あればマジックテープ式が良い。

スーツに見えるマジックテープ式ズボン

ひも式 大きいサイズ メンズ スポーツウェア ジャージ ボトム ショートパンツ

ひも式ゆったりパンツ

「9分丈」や「7分丈」のリラックスパンツにすると、必然的に足回りにゆとりができる。

ひも式 FOMANSH メンズ サルエルパンツ 9分丈 リラックスパンツ

ひも式 7分丈リラックスパンツ

あまりルーズすぎても歩行に差し支えるかもしれないが・・。

上着は「かぶる」より「羽織る」もの

「かぶる」上着は論外である。
まず上肢が拘縮していると「かぶる動作」ができないので。
最低でも羽織るものにする必要がある。
ジャージとなるとファスナーがすべて全開できないものもある。
ファスナーを全開+取り外し可能なものを選ぶ。
これもできることならマジックテープ式が望ましい。ベビー用品の下着と同様に寝ながら着脱できると良い。
そして手首部分もゴムの締め付けがないのが良い。

ジャージ 上下セット ジュニア Champion(チャンピオン) 吸汗速乾 スウェット素材 スポーツ トレーニングウェア fo-cx1189

必要なら肌着

もし肌着も着ないと落ち着かない場合は、介護用の肌着がオススメだ。

オレンジケアプロダクツ 快適肌着 半袖 紳士 Mサイズ 1枚

ワンタッチ肌着 前開き半袖 脇穴付 紳士 M

まとめ

これらを組み合わせることで外出先でも変に見られない、ある程度、自立して動作が行えるファッションが完成します。

何らかの参考になれば幸いです。