恋愛ホルモン(フェニルエチルアミン)が3年で切れて恋愛関係が破局するように、
入学時は敬意を感じた学校の先生に3年後は小物に思えるように、

どんな集団でも3年も持続すれば相手の嫌な面が見えてきて飽きる。

心機一転して他の集団に行きたくなる。
留まる水は腐り続ける。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


今いる環境が嫌になった時「逃げること」を私は積極的に推奨している。

ただし「全力で逃げる」こと。

そしてテクネー(technique=artの語源:アート=技術=芸術)を取る目的か、活かす目的があるのが望ましい。

卑怯だとか、申し訳ないとか思わなくていい。

逆に家庭や学校や会社に居続けることが正しいと誰が決めたのか?

私も全速力で逃げたので、今のようにどこに雇用されなくても生活できるようになった。

いつの間にか起業までした。自由とは内なる声を信じて自己決定した先にある。