疫病などの病気の流行の影響で「石鹸・消毒液・ハンドソープが売り切れでない!」という声をよく聞きます。

ではボディソープの手洗いでも効果あるのでしょうか?

結論から書くと、ボディソープ(ボディウォッシュ)で手を洗っても大して問題ありません。

もちろんハンドソープ(石鹸)や消毒液や石鹸があればベストであることは念を押しておきます。

しかし品切れだったり、高くなっていたりして、ボディソープ(ボディウォッシュ)でも代用できます。

使わないよりはマシです。

ちなみに私は海外旅行へ行く時、いつも小型のボディソープで手洗いも一つで併用しています。


ハンドソープとボディウォッシュの違い

結論として、殺菌目的であれば、そこまで大差はありません。

手か体のスキンケアで、皮膚への刺激、使用目的の配慮で成分が少し異なるだけです。

例えば、花王のビオレuのハンドソープとボディウォッシュの成分内容を比較してみましょう。

ハンドソープ

イソプロピルメチルフェノール、水、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム(1E.O.)液、PG、アルキルグリコシド、POE(21)ラウリルエーテル、エタノール
濃グリセリン、POE(3)ラウリルエーテル、POEラウリルエーテル酢酸、DL-リンゴ酸、ラウリン酸ポリグリセリル、安息香酸塩、エデト酸塩、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、水酸化ナトリウム液、香料
花王公式サイト:ハンドソープ成分表
https://www.kao.com/jp/bioreu/bru_handsoap_00.html

ビオレuのハンドソープ

ボディソープ(ボディウォッシュ)

水、ラウレス-4カルボン酸Na、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウリルグルコシド、ラウラミドプロピルベタイン、PG、ジステアリン酸グリコール、エタノール、ラウリン酸、コカミドMEA、PEG-65M、(ジメチルアクリルアミド/メタクリル酸ラウリル)コポリマー、ポリクオタニウム-39、PPG-2ヒドロキシプロピルトリモニウムセルロース、PEG-14M、ラウレス-16、ラウレス-4、ラウレス硫酸Na、硫酸(Al/K)、エチルヘキシルグリセリン、リンゴ酸、クエン酸、水酸化Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料
花王公式サイト:ボディウォッシュ成分表
https://www.kao.com/jp/bioreu/bru_bioreu_01.html

ビオレuのボディウォッシュ

殺菌する分には、ほとんど同じです。

基本的には「エタノール」で殺菌するからです。

その他の抗菌剤を見てみましょう。

保湿剤かつ大腸菌の抗菌剤としても用いられるPG(プロピレングリコール)も、ハンドソープとボディソープの両方に含まれています。

ハンドソープの方には、ニキビのアクネ菌殺菌のイソプロピルメチルフェノールが使われています。
これはニキビ予防の抗真菌作用(防カビ作用)のスキンケア目的であって、有害な細菌の殺菌目的には必須ではありません。

何が違うのか?

結論から言えば、スキンケアの違いです。

大雑把に書きますが、以下のとおりです。

脱脂剤、界面活性剤の違い

脱脂剤とは、脂を取り除く成分です。
成分表に「ラウリル」や「ラウレス」という名前が多く出てきます。

ラウリル硫酸(強力な脱脂力)、ラウレス硫酸、ラウレス-4カルボン酸Na、ラウレス硫酸アンモニウムラウレス、-4酢酸Na(弱酸性の脱脂力)・・
これらが主に脱脂剤です。

「脱脂力の強弱」で、ハンドソープとボディソープは調節されています。

また同時に界面活性剤(表面活性剤)の役割もあります。

界面活性剤(表面活性剤)とは、界面(表面)、水と脂の間を、親油性といって脂に馴染みやすいようにする成分です。

例えば、POE(3)ラウリルエーテルや、アルキルグリコシドがそれです。

いずれにしてもスキンケア目的で「肌触り」や「馴染みやすさ」の違いになります。

調整剤と保存料と保湿剤

その他として、
ph調整剤の、中和剤の水酸化ナトリウム液、
保存料の、安息香酸塩、リンゴ酸、クエン酸、
保湿剤の、グリセリン等々・・
です。

これらは食品でも洗剤でも共通してよく使われる典型的なものです。


まとめ

ハンドソープ(石鹸)や消毒液や石鹸があればベスト。

ビオレuのハンドソープ

しかし品切れだったり、高価であれば、ボディソープ(ボディウォッシュ)でも代用可能。

ビオレuのボディウォッシュ

皮膚刺激性、眼刺激性、皮膚感作性(アレルギー性)、皮膚感作性(接触皮膚炎の場合)、光感作性にも配慮されています。