地元で大規模な断水が起こり、数日間、水が使えなくなりました。

一回のお風呂で2リットルペットボトルの天然水を頭から被りましたが、せいぜい体を濡らす程度です。

あまりにも少なすぎました。

シャンプーや体を洗うことさえ不可能でした。

「今まで水をふんだんに使って生活していたのだなぁ」と水にありがたみを感じました。

実体験として断水時に用意しておいて良かったものを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミネラルウォーター2Lボトル箱入り(賞味期限切れもOK)

やはりミネラルウォーター2Lボトル箱入り(賞味期限切れもOK)です。
ミネラルウォーター・天然水は数年の賞味期限切れしていても飲むことは可能です。(さすがに見た目での変色や傷がある場合は除く)

人は一日に最低6リットルは水を消費すると言われています。
ミネラルウォーターの8本ほどのダンボール箱が3箱くらいあれば3日は大丈夫でしょう。

未使用ポリタンク(給水用)

行政から水の給水があるでしょう。
その際にポリタンクがあると便利です。
そうでなくても貯水する意味で必要です。

ポータブルトイレ

断水の場合、下水とは異なります。
なので水を補充すれば下へ流すことはできますが、上からの補充には限度があります。
最悪の場合を考えてポータブルトイレを用意しておけば大丈夫です。

災害時だけでなく、介護時にも役立つので一家に一台は必須です。

大バケツ(雨水貯め)

雨水をためておける大きなバケツがあると便利でしょう。

もちろんそのままでも使えますし、熱せば飲めます。

湯沸かし器(沸騰させれば飲める)

雨水でも沸騰させれば飲めます。
賞味期限切れの水が不安なら湯沸かし器で温めるのも手でしょう。
すぐに温められるティファールがおすすめです。

アマゾンプライムの会員登録(ネットお急ぎ便)

アマゾンプライムの会員登録をしておくことは必須です。

「お急ぎ便無料」が使えるのでサッとすぐに非常用のものを取り寄せることができます。

アマゾンプライムの会員登録は災害時にも必要です。

氷(氷溶かせば水になる)

意外に助かったのが冷蔵庫の「氷」でした。

大量に作っておいても腐りませんし、何より溶かせば水になります。
あると安心感がありました。

近隣市町村の親しい親戚や友人(助け合い)

断水は、災害や集中豪雨など何が原因であれ、局所的に起こります。

近隣の市町村で親しい親戚や友人がいれば頼りにすることができるので孤立感がなくなります。

まとめ

・ミネラルウォーター2Lボトル箱入り(賞味期限切れもOK)
・未使用ポリタンク(給水用)
・ポータブルトイレ
・近隣市町村の親しい親戚や友人(助け合い)
・大バケツ(雨水貯め)
・湯沸かし器(沸騰させれば飲める)
・氷(氷溶かせば水に)
アマゾンプライムの会員登録(ネットお急ぎ便)