resize0627

私が最近見た中で酷かったのが、教員が学生に進路指導教育と称し、学校のパンフレットの山を学生に出し
→「進学先の学校をこの中から選べ」
→(学生が)選ぶ
→「そこは無理。お前バ力だろ。選べ。」
→選ぶ
→「いい加減にしろ。お前に行ける学校なんてないんだよ。選べ。」
→選ぶ
→「いい加減に…」
・・と無限に繰り返すいじめだった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

結局、教師は何がやりたかったかというと、進路指導ではなく、「オレって一番エライんだぞ、えっへん」という虚勢である。
そのために落ち込んだ学生を部屋に呼び出し、サンドバック代わりに「お前は下なんだよ、無能なんだよ、フヒヒヒヒ。」といういじめを行っていた。

答えられなくなるまで質問攻めにして困らせることを「首実検」。

それを人前でやることを「公開処刑」という。

これらは余裕で不法行為や人権侵害に抵触する。

教員がこれをやっているとあまりに脳みそが幼すぎて見てる方が情けなくなってくる。

「あぁ、学生にママを求めちゃってるよ、この人。甘えてるよ…」と思う。