誹謗・中傷・嘲笑にかけては超一流の自己愛性人格障害

%e8%87%aa%e4%bd%93%e6%84%9b%e8%87%aa%e5%b7%b1%e6%84%9b%e5%af%be%e8%b1%a1%e6%84%9b

なぜ彼・彼女らはあそこまで人をバ力にする能力に長けてしまったのか?

なぜあそこまで他人を見下す行動を繰り返すのか?


過去記事で詳しく書きました↓
自己愛性人格障害とは「過去で時間停止した人」
http://libpsy.com/narcissus-jikoai/4721/

まず最初に表出するのが仮想的有能感と呼ばれる「他者軽視」なのです。

他人の事故、他人の不幸、他人の失敗に関して「ほら見たことか」と過剰に喜び、
自分を優位にさせるエサにします。

スポンサーリンク



自己愛を上げる方法は2つあります。

自分が努力して上げるか、他人を下げるかです。


自分は棚に上げて、他人を下げるのが自己愛なのです。


私は「過去で時間停止した人」と呼んでいます。

例えば、今の時点で自分が「全知全能で最高」と決めるとします。

すると今後の未来も「全知全能で最高」でなくてはなりません。

なので自分は努力しません。

今の時点の自分が「最高得点」なのです。

血眼になって「相手を下げる」ことに尽力します。

相手を減点する行動が目立ちます。


彼・彼女らを魚に例えると、
魚はそのまま置いていたら腐ります。
しかし彼・彼女らは「私は鮮魚だ。他の奴らの方が腐っている。」と言い続けるのです。

彼・彼女らは鮮魚だった頃で時間停止してしまい、今の現実が見えていません。
見ないようにしているのです。

だから、外から見たら腐っているのに、
「私は鮮魚だ鮮魚だ、他の奴らの方が腐っている。」と誹謗・中傷・嘲笑して
「相手を下げる」ことを繰り返します。

汚臭を放っているので、周囲から嫌われて人が離れていくのです。

外から見ている分には滑稽で面白い姿にうつるのですが「巻き込まれたら地獄」です。

他人をテレビを見るように、自分を棚に上げて観客席から野次を飛ばすように誹謗中傷嘲笑します。

自分が主体としていないのです。

彼・彼女らが困る

最大の弱点は「では提案してください」


という言葉です。

「批判家は提案できない」の格言通り、テレビに突っ込んで蔑むようにしか世の中を見ていないので、自分が登場するとは思っていないのです。

「人類が滅べばいい」とか「お前が消えればいい」とか破滅的な非現実的な発想しか出てきません。

自分を「過度に一般化」したぶん、他人に対して「非現実的な欲求」になるのです。

自分の一人称を複数形に言い換える

「過度の一般化」


他人に対して無理難題を欲求する

「非現実的欲求」


二つとも精神病の代表特性です。

過度の一般化とは、主語が「私」から離れて、
1人なのに「我々は・・」「社会では・・」「○○(役職)では・・」「世間では・・」
と複数形になってしまう心性です。


%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e7%97%87%e3%81%ae%e4%ba%8c%e5%88%86%e6%b3%95%e6%80%9d%e8%80%83%ef%bc%96

過度の一般化に、仮想敵有能感(他者軽視)が加わって、

強烈に極端な二分法思考になります。

「自分の見える現実のみが唯一の全人類誰もが敬うべき現実」になってしまいます。

どんどん実際の現実から離れてしまうのです。

相手にそれを求めるので「非現実的欲求」になります。



このような状態を

「離人」と言います。

「悪いことは全て他人のせい」という症状です。



人格障害神経症不安障害の善悪二分法思考

聞こえないふりをしたり、指摘する側を誹謗嘲笑する。


「自分の現実が唯一の現実」になってしまうので
「何でそんなことも分からないのか」
という定型文が彼・彼女らが他人を見下す時の合言葉になります。



自分のことしか考えられていないので、
相手の多様な状況や動機が読めなくなってしまうのです。(元から読む力もありませんが)

「過去で時間停止」したことで、自分を保守し、他人を攻撃することに必死になります。

 

これをゴールデンゲージ(金の檻)と言います。


金の鳥かごのように、自分を守ろうとします。

これが「他人のせい」どころで済んでいればいいのですが、

 

悪化すると「解離(かいり)」して「妄想の中の他人」のせいにします。



強迫性人格障害と、自己愛性人格障害と、境界性人格障害

これが昔で言う分裂病、自我が「分裂(解離)してしまって統合できていない」。

今いう言う「統合失調症」と呼びます。

精神診断の基準で言うと、精神病圏へと移行していきます。

神経症・人格障害・精神病 DSM

このように精神病は、神経症から始まり、自己愛性人格障害のような人格障害→精神病へと移行していくのです。


自己愛性人格障害者の他人の悪い部分を見つけてあげつらう力を、「他人の良い所を見つける力」に使ってはどうかと思うわけですが中々そうはいかないのです。

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ