全体の性格と思想の検査結果(全体集計)

自分の性格と思想のレベルを検査してみよう!(質問紙)
http://libpsy.com/narcissism-nolanchart/1841/
あなたの性格と思想の検査結果(個人集計)
http://libpsy.com/narci-nolan-assumed-competence/1843/

上記での思想と性格の検査の全体集計をまとめます。
1000人以上集まった時点での簡易的な集計です。

※リアルタイム更新の図のため、読み込みに少々時間が掛かる場合がございます。ご了承下さい。

全体の思想の位置(ノーラン・チャート分布)




先行研究の通り、思想においては自由主義を尊重する人は多いです。

全体の他者軽視と自尊感情




他人は見下さないけど自分にも自信のないという「萎縮型」の人が多いです。

※なぜ「他者軽視」を測定する必要があったかというと、「仮想的有能感」を比較するためです。
他者軽視(仮想的有能感)が強いということは「妄想的」であり「現実検討能力の低さ」や「根拠のなさ」の関連が示唆されます。
つまりいくら自由主義傾向や自尊感情(自信)が高くても、それが妄想的で根拠がなく他者軽視の動機であれば再検討してみる必要性があるからです。


全体の他者軽視と思想




他人を見下す・見下さないに関わらず、自由主義的な性格傾向は低いです。
やや他人を見下さないけど自由主義も低いという人が多いです。

全体の自尊感情と思想




自信のあるなしに関わらず、自由主義的な性格傾向は低いです。

全体の他者軽視と個人的自由




他人を見下す・見下さないに関わらず、個人的な自由主義者の傾向は高いです。

全体の他者軽視と経済的自由




他人を見下す・見下さないに関わらず、経済的な自由主義者の傾向にばらつきがあります。
ただ他人を見下す傾向のある人でも経済的な自由を軽視する人は少ないようです。

全体の自尊感情と個人的自由




自信のあるなしに関わらず、個人的な自由主義の性格傾向は多いです。

全体の自尊感情と経済的自由




自信のあるなしに関わらず、経済的な自由主義の性格傾向にはばらつきがあります。

まとめ


・他人は見下さないけど自分にも自信のないという「萎縮型」の人が多い。
・思想においては自由主義を尊重する人は多い。
・自信のあるなしに関わらず、自由主義的な性格傾向は低い。
・他人を見下す・見下さないに関わらず、個人的な自由主義者の傾向は高い。
・自信のあるなしに関わらず、個人的な自由主義者の傾向は高い。

心性的にリバータリアン的な自由主義者は多いけれど、自分に自信がない人が多い。
この「自信のない自由主義者」が尊重するのは、経済的な自由よりも、個人的な自由である。
全体では他者軽視や自尊感情(自信)の高低に関わらず自由主義傾向は低いが、個人的自由に限定すると自由主義の傾向が高くなる。

今後の展望


理想としては、他者軽視が低く(他者軽視をしない=妄想的ではない)、自尊感情が高く(自信があり)、個人的自由・経済的自由のいずれかが高いことがベストです。

しかし現状としてリバータリアン(自由主義者)としての思いはあるのに自信がもてないというところに
リバータリアン心理学の意義があると思われます。

これに関しては、また詳しく相関分析や因子分析など統計的な分析を行います。

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

2 Responses to “全体の性格と思想の検査結果(全体集計)”

  1. 森秀一 より:

    表から、個人の自由を求める方々は他人を見下しやすい傾向にあるように見えなくもない気が。。。


    統計処理は済まされましたでしょうか?もしされていないなら是非してみて欲しいですね。「個人の自由」と「他社軽視」に正相関が出るかも。


    まあ、あえて「俺の好きにさせろよ」と「俺」以外に自由をあげちゃってるような、甘えん坊はあまり成熟しているとは言えなさそうですからねえ(僕の事ですf^_^;)
    ホントの自由を持っている方は他人にそれを求めないのが道理というものでしょう。

    などと結果も出ていないのに素人解釈すみません。自虐癖がちょっと。

    もし分析結果が出たら専門的文脈で考察を伺いたいですね。

    自由になるための心理学が果して「牢屋で独り、でも自由p(^^)q」を目指しているのか、それとも「みんなで自由を尊重しよう、一人でも軽視する奴がいたら破綻するがな(>_<)」に留まるのか興味深いところです。

  2. 森秀一 より:

    っていうかもう「自由主義の人は他人を見下す人が多い」とも見える気が…


    もし間違っていたらすみません。しかしこの綺麗な右肩上がりは(;一_一)


    分析をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ