小室直樹氏の「理不尽(非合理)からの突き動かされる何か」というのは、ウェーバーのプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神から来ています。

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神

小室直樹氏の宮台真司などもよく解説していますが、ウェーバーの言葉でこれを「衝動」と呼びます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小室直樹氏の著書を読んだ斗数さんならわかると思いますが、資本主義の根本は、プロテスタンティズムの精神にあります。

そのプロテスタンティズムの精神は徹底的な禁欲にありました。

なにを禁欲したかというと「衝動」を禁欲したのです。

人が論理的であろうとするほど、その行動の動機は、非論理的なことをされたからに決まっているのです。

その非論理とは当然、理不尽なものであり、理不尽と感じるということは、もっと感情的で情動的な「衝動」が根本にあります。

しかし「禁欲」していると、その「衝動」を認めてはいけないわけです。

物欲とか、セイ欲とか、食欲などですね。

しかし衝動によって突き動かされるパワーが資本主義の根本だという話です。