とあるホームレスの人と話しました。

彼は自分のために衣食住やると

「生きるのが面倒くさくなる」


と言っていていました。

すごく共感できました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私も一度やったので気持ちが痛いほど分かりました。

働いてる頃は「休みたい」と思います。

いざ休むと半年くらいは「たのしー!」できます。

しかしそれ以降は周りの孤立感で死にたくなります。

まず夜眠れなくなります。

2週間もすれば昼夜逆転になります。

次に朝は早朝覚醒が起こり、夕方は夕日をぼーっと眺めて沈む太陽の姿を見て死にたくなります。

インターネット系も触ると「みんなリアルな人のつながりがあっていいなぁ…自分は…」と謎の疎外感で吐き気がするようになります。

今回、お話を伺ったホームレスの方は家族もいたそうですが、誰もいなくなった家で一人暮らししていました。

ホームレスになったのはその家さえもいられなくなったというのです。

50代で職が見つからなくて貧困ということもありました。

しかし話をお伺いすると、不安よりも一番は孤立感であると言っていました。

このような状態を

アノミー(無連帯)と言います。

ここからうつ病へと発展していきます。

過去記事
自殺と殺人は紙一重

2つだけの世界は精神病になる

最も危険なのは帰属場所・帰属意識のない人

先日、無職になった同級生の友人が
「無職で落ち込みそうな時に”クラナドのアフター”みると元気が出る」と言っていました。

本当にそうだと感じます。

生きる気力がじわじわ湧いてきます。

CLANNAD AFTER STORY Blu-ray Box

CLANNAD AFTER STORY コンパクト・コレクション DVD