game_keitai_broken_kids

「テレビ禁止」
「ゲーム禁止」
「スマホ禁止」

と学童期に親に禁止された子ども。

禁止されればされるほど大人になってその反動が必ずあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

極端に抑圧的になるか、極端に攻撃的になるか。

これは禁止されたモノが原因ではなく、

禁止されたことで学校で

「話題共有の機会が奪われ、友達が少なくなって孤立すること」


が原因です。

禁止すれば勉強に集中できると勘違いしている人は多いですが、

逆です。

勉強は「友達も頑張ってるんだ」という連帯感の中で継続しているのです。

仮に何らかの夢・進路があったとしても
「一緒に頑張ろうね」という友だちがいない限り、継続できません。

孤立していては自尊感情・自己効力感のすべてを失うのです。

勉強とは手段であって目的ではありません。

思い出してみてください。

友達はどうやって作ったか?

勉強が趣味の友達なんて作った人はいないです。

点数で競争が発生するので友達になれるはずもないのです。

勉強とは別に、
必ず「楽しさ」という娯楽の共有があります。

「楽しい話題」の共有があります。

なので話題共有機会を奪い、孤立へと追いやれば、

学力も下がっていきます。

完全に禁止するのではなく、報酬として適度に位置づける必要があります。

もし子どもが自分のやりたいこと、目指したいことが定まった時、自然と自制するようになります。