自動車をバックで車庫から出ようとして、柱にぶつけて後ろのガラス(リアガラス)を全損しました。
(ガラス破片が飛び散るのを抑えるために風呂フタで応急処置。)

加えて左のテールライトも破損とトランクも凹みました。

道路運送車両法の第41条で保安適合品を使用するパーツに「リアガラス」も含まれています。

自動車の運転で後ろのガラス破損は「整備不良車」として運転すれば警察に取り締まられます。

ガムテープやダンボールで補強しても走行するのは法的にだめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自損事故と対物・対人事故の場合の連絡順

自損事故と対物・対人事故の場合の連絡順をまとめておきます。
電話番号や車検の証券番号を聞かれるので用意しておきましょう。

【自損事故】
自動車保険会社→勤務先・通学先、友人・家族(必要に応じて)

車両は破損状況の確認のためにできるだけそのままに。

※ただし車の壊れた損害額が1回目なら5万円以下、2回目なら10万円以下が見込める場合は、わざわざ自動車保険には伝えず、自動車修理工場やディーラーに連絡しましょう。
自動車保険会社に伝わると等級を下げられ、来年度から自動車保険の代金が高くされるからです。

一部の破損、一部の擦り傷、ガラスの一部にヒビ、ミラーが壊れた程度ならわざわざ保険会社に電話しない方がお得です。

さすがに自動車の前方の大きな破損、今回のような後方のリアガラス全損やテールランプ全損は5万円以上かかりますので保険を利用したほうがお得です。

例えば、今回の私の場合、自動車修理工場にも見積額は34万円と言われました。これなら保険会社に負担してもらって5万円支払うだけにして、3年間+2万円払うだけでも半額で済みます。

【対物・対人事故】
警察110→自動車保険会社→勤務先・通学先、友人・家族(必要に応じて)

車両は破損状況の確認のためにできるだけそのままに。

どちらが悪かろうとも「あとは警察に任せましょう」と、できるだけお互いに関わらないのがベストです。

・もし相手が脅して来た場合は、普通に脅迫罪になります。
・連絡先だけ教えて逃げる人もいますが、それも犯罪なのでその場で留まらせましょう。
・道路であった場合は、相手と相談の上に近くの路肩や駐車場などに駐車させて警察が来るのを待ちましょう。
・できれば動かす前に現場は写真に撮っておきましょう。

レッカー車代無料!

今回、私は自宅の柱への自損事故だったので、素直に自動車保険会社の東京海上日動イーデザイン損保に連絡しました。

最新の大人の自動車保険!ネットでシンプルに必要最小限の見積もり!

イーデザイン損保のロードサービスへ連絡してレッカー車を呼んで最寄りの自動車修理工場へ。

最初は自動車ディーラーに電話しましたが「代車がない」とのことで対応できず。

結局、自動車保険会社を頼ることに。

結果、修理工場から60km以内であればレッカー車は無料だそうで助かりました。

レンタカー特約入っていなくても提携整備工場経由で代車無料!

イーデザイン損保さんの提携する自動車整備工場も代車は「どんなに長い期間でも無料で貸すよ」とのこと。

私はイーデザイン損保で「レンタカー代日額5000円」の特約には入っていなかったのですが、入ってなくてもイーデザイン損保さんは取り計らってくれました。
(ありがたい。)

自動車修理工場によると修理に3週間ほどかかるそうです。

しかしその期間、代車無料。

(ありがたい。スズキの軽自動車だけど…)

車両免責に助けられる

車両免責「5-10万」のプランに入っていたので、初めての事故のため私は保険適応で5万円のみの出費負担で済みました。

2回目からは10万円になるので気をつけなくてはなぁと感じます。

等級が下がってしまうのは仕方ない

本日は職場への出勤の手段がなくなり、急遽、休みを頂きました。
すべて自宅での自損事故で済んだので良かったです。

しかし等級が20等級→17等級に下がるのと、
毎年3万円の保険料が、来年度分から3年間だけ5万円の請求なるのは反省です。

自損事故で修理いらずの些細な自動車の傷や凹みならあえて保険を使わずに目をつむって放置しておいたほうが等級が下がらない(保険料が高くならない)ので得策です。

しかし今回のような後部全損の場合は、さすがに保険適応しないと対応できません。

13年間、無事故無違反で最高の20等級だったと知る

自動車保険の等級の最高20等級になるのが最短で13年間の無事故。

つまり20等級の私は見事に「30歳になった記念」に一人自損事故により等級が3年分の3等級下がることになったのです。

今回、自宅の車庫で一人自損事故起こして自動車の後部が全壊しましたが、何気に私はゴールド免許の20等級。

高卒後、免許取って13年間、無事故無違反だったのです。

割と少数派だったと知りました。