私は日々、手術業務をする中で、週末には撮り溜めた(あるいはAmazonでまとめて配信される)今期のアニメを楽しみにしている。

コード・ブルーやブラックペアンやドクターXなどのリアルの医療ドラマはどうしても仕事を思い出してしまうので見ないようにしている。

細かいところにツッコミが追いつかなくなって見るのが疲れてしまうからだ。

今期(2018秋)は、「ソードアート・オンライン アリシゼ」「とある魔術の禁書目録Ⅲ」「からくりサーカス」などを見ていた。
図らずも同じタイミングで主人公が負傷して病院で手術されて治療されるワンシーンがあった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私はアニメを楽しみに見たいので弓道警察(弓道警察:アニメの弓道するワンシーンで弓道部員が間違いを細かく指摘して炎上した)のように神経質に細かいことを言いたくはないが、

ここまでひどいとツッコまざるを得ない。
しかも近未来日本のSF設定をしているのに関わらず。
アニメには医療の監修者はいないのだろうか?

ソードアート・オンライン アリシゼ

Amazonで視聴できる。

主人公のキリト(Kirito) / 桐ヶ谷和人(きりがや かずと)の体内インプラントされたバイタルサイン(体温・血圧・脈・呼吸状態など)をスマホに送信して管理する彼女の結城明日奈さん。喫茶店でカフェしながら女友達のシノンに見せびらかしている。


ソードアート・オンライン アリシゼ1話より。

リアルタイムでバイタルをスマホ送信するシステムを体内インプラントしてる。
しかしすでに2026年設定として古すぎる。
バイタル知るのにわざわざ観血的に体内インプラントしなくてもいい。今でさえ、すでに指先に測定機つけるだけでSpO2と脈、血圧、そこからA圧(動脈圧)まで分かるからだ。将来的にあるとすればブレスレットや指輪型の測定器だ。

それはさておきバイタルを見よう。

HR(心拍数)は63回/分。
Temp(体温)は36.2℃。

成人の正常値は、
脈拍:60~80回/分。(100回以上が頻脈、50回以下が徐脈)
呼吸:15~20回/分。(30~40回が頻呼吸、12回以下は徐呼吸)
体温:36℃前後。(37~38℃を微熱、38℃以上を高熱。40℃以上を過高熱。35℃以下を低体温。)
血圧:100~140/60~90mmHg(この範囲以上なら高血圧、範囲以下なら低血圧。年齢や性別による個人差はある)
SpO2:96~99%(経皮的動脈血酸素飽和度:サチュレーションともいう。血液中にどの程度の酸素が含まれているか。低いと肺気腫やCOPD、喘息など呼吸が苦しい状態。)

キリトくんの場合、日常生活を営む上で正常値であるといえる。

このキリトくんがこの後、変質者に襲われて緊急手術する展開となる。

なぜか手術室の正面入口の真ん前の長椅子で待つ親族。

手術室の入口前はすっげぇ邪魔。他の搬送患者にも迷惑すぎる。

普通は家族の控え室や病室があるのでそこで待つ。
心配な家族の気持ちも察する。
しかし手術室の真ん前に長椅子を置いている病院は、さすがに保健所監査で指導されるだろう。


ソードアート・オンライン アリシゼーション 05話 「オーシャン・タートル」より

お母さんは息子の手術の成功を祈りながらも、
「ここでキリト君(息子)が死んだり長期入院になったら生命保険や医療保険からお金が出るだろうか・・?」
「そのお金を見舞いに来ているアスナちゃんにも分配しなくてはならないだろうか・・?アスナちゃんはカネだけもらってキリト君を見捨てないだろうか・・?」という不安が表情に出ている。

親族に対して、あまりこういうことには気遣いのないアスナさん。
いくら彼女でも親族の緊急時に彼女面して出てくるのは自重すべきである。

そして手術中のキリトくんのバイタルがこちら。

HR(心拍数)は表示されず。
Temp(体温)は35.1℃。

し・・死んでる・・?

でも体温だけ表示されているのはどういうことか?

可能性①:手術室内はレントゲンのX線も使うため壁が厚く電波が悪い。なので電波が届かなかった可能性。
可能性②:体内インプラントなのに取り外されている。おそらく電気メスのような感電を伴う可能性のあるものを使用するために取り外されたのだろうか。

いずれにしても手術中に35℃前後なのは加温装置の起動し忘れか、死にそうかどちらかで麻酔科医や外回り看護師の医療過誤が問われる事案。

バグったスマホ画面を見続けるアスナさんの方が少し病的ではなかろうか。

一緒に見ているくずは(キリト妹)も大概である。

手術後のキリトくんの様子がこちら。

意識不明。
JCS-Ⅲ以上(刺激しても覚醒しない状態)

突っ込みどころが多すぎて吹いてしまう。

集中治療室ICUの看護師や、臨床工学技士が見たら爆笑するだろう。

モニターの電源が入っていない。
コードも接続されていない。
シリンジポンプも流れていない。

2026年設定なのでおそらく心電図やSpO2や血圧のバイタルデータはワイヤレス送信表示されているのだろう。

それにしてもシリンジポンプ(右奥上)が点滴棒の上の位置に3つも取り付けられていて転落しそうで非常に危ない。

なぜか人工呼吸器が今より巨大化してる。

手術退室後すぐにベッド頭部だけ上げてセミファウラー位とるのも循環血液量を下げるので好ましくない。

手術直後の患者を殺しにかかっとるのか?

しまいには出てきた看護師がこちら。


ソードアート・オンライン アリシゼ 06話 「アリシゼーション計画」より

2026年!昭和の世界からこんにちは!

彼女はタイムトラベラーではない。これで最新の看護師だという。

看護師が昭和のナース帽をかぶって登場。おかしすぎる。近未来設定のはず。

ナースキャップは感染症の温床となるので昭和末期には廃止になって禁止された。

しかもこの回で彼女は自衛隊大学(防衛医科大学のことだろう)出身と名乗るのだから余計に時代遅れが露呈されてひどい。

大学生が牛乳瓶の底みたいなメガネに学生帽をかぶって出てきて「最新の学生です!」というようなものだ。

サイコパスというアニメもそうだった。看護師キャラクターのナースキャップ。
なんで100年後の日本とか設定で看護帽が復活してるのか。

制作スタッフ陣の年代がバレるのと、情報が更新されてないのがバレる。

2015年にもTwitterで私が書き込んで反響があった↓

とある魔術の禁書目録Ⅲ

Amazonで視聴できる。

続いてとある魔術の禁書目録Ⅲである。
初っ端から主人公・上条当麻くんの負傷したシーン。


とある魔術の禁書目録Ⅲ 08話「聖人崩し」より

その時の上条当麻くんのバイタルがこちら。

脈拍:150回/分。
血圧:51/29mmHg。
SpO2:60%。

すさまじい頻脈と低血圧。
心臓が必死に心拍出量を送り出しても死ぬ直前ほどの低血圧。

正直、こんなところでのんきに寝ている場合ではない。

かなりやばい。

モニターからアラーム音が鳴り、心肺蘇生法、心臓マッサージ、電気ショックを行う準備をするほどの緊急事態である。

やばいのがSpO2で60%しかない。
酸素マスクをつけていて98~100%の値でないのはやばい。

瀕死。というか死んでる。

左に2つの輸液パックと、首にCVカテーテル・ダブルルーメンが挿入されているところだけ妙なリアリティがある。

からくりサーカス

Amazonで視聴できる。


からくりサーカス 04 「コラン」より

主人公の才賀勝(さいがまさる)を助けた加藤鳴海(かとうなるみ)。
爆発で負傷し、起きたところは手術室のような病室。

その加藤鳴海の起床後のバイタルがこちら。

脈拍:86回/分。
血圧:120/69mmHg。
SpO2:92%。
RR(呼吸数):20回/分。

おぉ!一番まとも!

・・と思いきやSpO2が92%は十分に酸素が取り込めない。
つまり呼吸が困難な可能性がある。
なのに呼吸数が正常値。

起き上がってもバイタル変わらないのはおかしすぎる・・!

この寝ている間に「生命の水」(アクア・ウイタエ)という薬を飲んで不死の体を手に入れたという設定なので、酸素飽和度が低くても生きれる体になったのだろうか。
にしてもチアノーゼが出てきてもおかしくはない。

まとめ

「ソードアートオンライン」も「とあるシリーズ」も「からくりサーカス」もそれぞれビッグタイトルなので細かいところもしっかりしてほしい。

バトルものでそれなりのSF設定を盛り込むのであれば、もう少し細部にこだわらないと視聴者も萎えてしまう。

制作陣は適当にやってればバレないと思っているかもしれないが、弓道警察のように医療警察もいるのだ。