私も起業してビジネスがある程度軌道に乗ってくると「一緒に仕事しましょう!」というオファーがあります。

ただそんな人の多くがチャラチャラしたブランド品・高級品を身にまとった人で「お金さえ出してくれれば絶対成功します!」という類の人です。

確かに見た感じは、自信家で発言力もあり、お金持っててうらやましく魅力的とは感じますが、

そもそもブランド品・高級品を自慢する見栄張りを信じてはいけません。

なぜ断言できるかと言うと・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

確実に損をするからです。
投資対象としても損をするからです。

ブランドとは過去の価値観に囚われている証拠

本物は過去ではなく、未来に生きています。

私も研究者として本物の研究者は過去の研究の再実験をすることではなく、新しい研究を進められる人だと知っています。

本物のお金持ちも、過去のブランドに囚われる人ではなくて、新しい投資を知っている人なのです。

なのでブランド品・高級品を自慢している時点で過去に囚われている証拠。

マズローの欲求段階説なら承認の段階。
自己愛でも注目・賞賛欲求の低次元のレベルで止まっているので今後の成長株としての見込みは薄いです。

投資家でもない。消費家どころか浪費家で損する。

本物の人はブランド品・高級品を買うときは見栄などではなく投資対象として買います。

減価償却して経費として計上して数年後に売って再投資に回すためです。

決して見せびらかす目的などないからです。

世界一のお金持ちであり投資家のウォーレン・バフェットも「投資」でお金が増えることが楽しいので、「消費」しないのです。

投資家でもない。消費家どころか浪費家で損していくことが目に見えています。

見栄によるブランド品出費により、最低限度の生活資金さえも圧迫して、投資に回す余裕さえもないでしょう。

必ず最後は自暴自棄で巻き込んで自爆する

どこか自信のない自分をブランド品・高級品で高く強く見せようと背伸びしているので、失敗した時や周囲の信頼を失った時に自分を反省することがありません。
虚勢を張って背伸びした自分を戻すと負けだと思ってしまうからです。

なので自暴自棄になって周りの評価を下げようとしたり、いきなり関係を断絶したり、金をぶんどって逃走したりと「巻き込み行動」を取ります。

このような不毛な行動に巻き込まれたくないので、最初から関わらないほうがいいのです。