成人看護学テスト用語まとめ1(概論)【問題】

%e6%88%90%e4%ba%ba

だいたい語群から選ぶものと説明しなさいが出る

●生活習慣と健康の関係

ブレスローの7つの健康習慣
1適正な睡眠時間(7~8時間)
2喫煙しない
3適正体重を維持する
4過度な飲食をしない
5定期的にかなり激しいスポーツをする
6朝食を毎日食べる
7間食をしない

社会指標とは?
国民の福祉水準・社会変化の把握

1960年代頃にアメリカを中心に社会指標運動が起こり、量から質に変わるものとして( )の概念が誕生した

疾病予防対策には
第一次予防
( )
( )
第二次予防(成人病)
( )
( )


スポンサーリンク



●健康に関連したQOL(HRQOL)

これができた理由を4つ






HEQOLによって( )とその状態に対する満足度が評価できる

この特徴は患者自身による( )な健康評価

健康な人についても測定できる


●成人期にある人の特徴

成長=身体的変化
発達=精神的変化


生涯発達とは
人間の生涯を発達と捉える


青年期(15~30歳)
壮年期(20~60歳)
向老期(60~64歳)・・自己概念のゆらぎ
老年期(65歳~)


●レヴィンソンの発達段階説
成人期の大きな転換期( )は
( ~ )歳と
( ~ )歳



●慢性病患者の看護実践

( )・・自分で自分の面倒をみる

根拠は1978年のマルマ・アタ宣言
疫学的に血圧やインシュリンなど家庭でできることが拡大したため
コスト増など


特に社会運動の影響があり
1960年代の頃の( )


看護援助論として看護システム論があり
対象論としてセルフケア理論、セルフケア不足理論がある

セルフケア理論として
普遍的セルフケア要件 5つ 水、空気、食事、排泄、休息
発達的セルフケア要件 しつけや歩くこと
健康逸脱によるセルフケア要件 病気や事故によってできなくなることも



●セルフケア不足論

( )・・どの程度遂行できるかというセルフケア能力
( )・・必要とするセルフケアの総計

前者が大きい場合、後者の看護ケアは不要である


つまり、その人の持つセルフケア能力を引き出すことが成人看護学では必要


●慢性疾患

慢性疾患とは
( )

必要なことは?
( )


カーティンとラブリンの疾病と病気(病)の区別 disease illness
( )

大切なことは、「病だけ見ずにその人の背景にある生活をみること」


●慢性疾患をもちながら生活している人の特徴


A 疾病をコントロールして生活できる人(糖尿病、慢性肝炎、肝硬変)は
( )

B 痛みなどでリハビリが必要な人(関節リウマチ、脳卒中)は
機能障害、自己概念の変容

C 機能とともに生活しなければならない人(慢性腎不全、慢性呼吸不全)は
D 死の潜在的恐怖と生活する人(がん、エイズ)は
障害→進展・( )・転移→治療→苦痛→死

E 生活に全面的な介助が必要な人は



●慢性疾患の治療の3つ
生活習慣の治療(食事や運動)
日常社会生活の変更を余儀なくされる治療(インスリンや人工透析)
長期的に繰り返しを行う治療( )など



●疾病管理には、
患者のQOLの向上と、医療費の適正化

そのために
( )の継続支援

そのために大切なことは( )



●適応の段階

否認
怒り・抑うつ
取り引き
受容・適応

大切なことは( )ということ

慢性病をもつ人の困難として
( )と( )がある



●慢性疾患患者の自己管理の3つの課題
( )
( )
( )


●( )・・社会から切り離された疎外感を感じる


●( )・・慢性疾患が安定している状態

★★
慢性期疾患の人が病気を上手にマネジメントできるように援助することが( )


そのための目標は
その人と家族が、問題に対処して、日常生活や人間関係を再編成しながら病気とともに高いQOLができるよう援助する



★★
●慢性疾患を診断されて選択・実施する時の留意点
( )

どう病気を認識しているのかを聞き出し、( )に関心をもつこと



●セルフマネジメントを促す支援
( )・・医療者から指示されたことを患者が厳守すること
( )・・患者が医療者に同意して服薬や食事療法、ライフスタイルの改善を実行すること

援助のポイントは
( ) 

知識や技術を修得できるような学習支援


患者とのパートナーシップにもとづいて行う

患者が直面している課題を解決できるような( )を取り入れる

具体的には
病気・合併症の予防
治療法の知識や技術
症状マネージメント
セルフモニタリングの方法


●成人看護学概論(急性期)

周手術期間後、周術期看護

ペリオペレティブ・ナーシング

手術が決定してから退院までの看護であり、手術前・中。後からの単位んまでの一連のcプレロセ住んでアアル





観察能力と判断力

瞬時の臨床判断や意思決定が必要

( )・・生命維持機能への切迫状態を示しており、緊急に何らかの処置をしなけれななならい
生命に異常をきたす度合い

( )・・疾病や症状により生命がどれだけ脅かされているかを表現しており、病態および治療の困難性の程度




●急性期におけるアセスメント
1分の脈拍のうち、100以上を頻脈、50以下を徐脈という

頻脈になる原因
( )( )( )( )

出血か心不全かの仮設

ショックの症状
( )( )( )


●集学的治療

集学的治療とはなにか?
( )

例えば
( )( )( )( )



●危機理論、危機介入理論の概念

ボディイメージの変容により自己概念が変わってしまう
身体的自己・・障害者としての自分
人格的自己・・同情されたくないなど自尊感情の低下

フィンクの危機介入理論
①( )の段階
②( )
③( )
④( )



アギュラとメリックの危機介入理論の主要概念
( )
( )
( )


●危機とは
定義
( )

●15点分記述テスト
・危機理論を説明し、急性期看護への応用方法を述べよ
( )


・ボディイメージについて説明し、ボディイメージに障害を受けやすい手術名を2つ述べよ
( )

・研究によるエビデンスを説明、急性期看護への応用方法を述べよ
( )

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ