妊娠貧血

【概要】
妊娠貧血とは、妊娠期の異常のなかで最も発生頻度の高い様々な要因が重なっておこる貧血の総称。
鉄欠乏性貧血と悪性貧血の2種類がある。

【原因】
妊娠期には、母体の体重が増加、そして胎児の血液を確保するため血漿量と赤血球量をあわせた血液量が増加する。
しかし赤血球量の増加よりも液体部分である血漿量の増加が著しく多いため、血液量は増えるが薄まった状態となり貧血になる。
また、赤血球の主成分であるヘモグロビンの生成には鉄分が必要となるため、血液の増加に伴い赤血球を生成する働きにより、体全体の鉄分が不足する。
鉄欠乏性貧血は血液中の鉄分不足で発生する。

悪性貧血はビタミンB12や葉酸の不足で発生する。

【症状】
倦怠感、めまい、頭痛、寒気。
ひどくなると息切れ、倒れる場合もある。鉄分が不足すると、舌に炎症。
妊婦は血液の循環が滞りやすくなり、特にお腹に血液が集中することから、脳に十分に血液が供給されず、脳貧血となり立ちくらみを起こす。

【治療】
しゃがんだり座位で安静にすれば徐々に回復する。

鉄欠乏性貧血の場合、普段の生活から鉄分や亜鉛など貧血を予防するための栄養素を積極的に摂取する必要がある。貧血に効果的とされる栄養素は、鉄分、たん白質、ビタミンB群、ビタミンC、葉酸。

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ