「神経症」タグの記事一覧

精神病的環境の3段階~精神病を作り出す環境~

心理学者・カウンセラーとして精神医療に関わるようになって気付いたことがあります。 精神病(うつ病・統合失調症。気持ちの問題ではなく脳神経の物理的疾患)の方は、その人が「勝手にそうなった」わけではありません。 必ず 「その・・・

「質問がない」と他人に怒る人は三流以下

家庭や学校や職場で、相手に「質問がない」と欲求する人がいます。 職場の新人が間もない頃や、実習やインターンシップでも、相手に「質問がない!」と欲求する人がいます。 こういう人は三流以下です。 信頼できる人ではありません。・・・

看護実習の何が嫌なのか?2【指導者・メンバー編】~看護実習を決める4要素と攻略法~

実習の悩みは、 1、記録 2、教員(学校の担当教師) 3、指導者(実習先の指導者) 4、実習メンバー の4つに集約されます。

看護実習の何が嫌なのか?【記録編】~看護実習を決める4要素と攻略法~

大学で医学部の看護学生の相談を受けます。 1年生の頃は悩みの1位は「勉強」なのですが、2年生や3年生になると「実習」が悩みに上がってきます。 しかし「実習がつらい、実習がつらい」と悩みに上がるだけで、その内容について分か・・・

他者卑下する人の共通点~神経症者の典型的な定型文~

インターネットでは度々言い争いになることがある。 しかし反論を返す価値もない、返さなくて良いことも多い。 それにはパターンが有る。 それは内容や根拠がないのに、一人称を複数形にして他者卑下の言葉だけをくっつけた文を送って・・・

自分に悩みを植えつけたヤツを見つけ出せ!

悩みがあるところ、必ず原因となる種(タネ)は存在します。 そしてそのタネは、自分で蒔いたタネではありません。 一見、自分で蒔いたように見えても、必ず誰か「植え付けることを命令した人」がいます。 「いや違う。あの時の、あの・・・

理不尽なのは「悪意を証明させよう」とする人

教育場面でとても教育とは呼べないほど明らかに理不尽な出来事に遭遇します。 それは「悪意を証明させよう」とする人のことです。 教育学部出身の私としても、 このような教師は「単に甘えているだけ」「未熟だ」とはっきりと言えます・・・

聞いてないことを言ったことに、言ってないことを言ったことにされる

よく「聞いてないことを言ったことに、言ってないことを言ったことにされる」ということがあります。 「人のせい」とか「冤罪(えんざい)」をかける人はどういう心理なのでしょうか。 実は「自分は悪くない」という防衛機制が強すぎる・・・

興味ないけどどうなった?と聞く人の心理

よく会話の中で「興味ないけどどうなった?」と聞く人がいます。 興味がなければ聞かなければいいはずなのです。 その答えを聞く以前から興味がないのですから。 なぜ聞くかというと、「本当は興味があるけど、そんな自分を出すと恥ず・・・

東日本大震災の時に自分は何をしていたかを振り返る

今年(2015年)であれから4年も経ちました。 被災者・遺族・その他関連災害にあわれた方々に謹んでお祈り申し上げます。 ふと思い返して、当時、自分は何をしていたかを振り返ってみることにしました。 2011年3月11日は大・・・

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ