パソコンの寿命を調べる方法(ハードディスクの寿命・HDDの寿命)

 

パソコンの寿命は、だいたい5年くらいと言われています。

なぜかというとパソコンの記憶媒体であるハードディスク(HDD)は、例えるなら昔の音楽のレコードで、髪の毛の何億分の一という小ささの針をハードディスク(HDD)という円盤に「書き込んでいる」ので「すり減っていく」のです

すり減った円盤が起動しなくなったり、エラーが出たりしてくるのが、だいたい5年くらいです。

なにより5年経つと、インターネットの世界の発展に対して、パソコンが追いつかなくなって壊れます。
自転車で移動していた時代に、自動車が普及して、自転車が自動車のスピードに追いつかなくなるようなものです。

スポンサーリンク



それまでに重要なデータを、USBで接続できる外付けハードディスク(↓)などに保険のバックアップとして移しておくのが妥当です。
新しいパソコンに買い換えてもすぐデータを移行できますからね。
外付けハードディスク↓


この外付けハードディスクと、True Imageのような自動バックアップソフトがあれば、まず安心でしょう。
指定したデータを自動で容量を圧縮して縮めて保存してくれます。
私もAcronis True Imageを使っています。
全自動バックアップソフト Acronis True Image↓


以下も人気です↓

ファイナル丸ごとバックアップplus AOSテクノロジーズ




さて、このような事前準備もした上で、
そのパソコンの寿命を調べる方法(ハードディスクの寿命・HDDの寿命)ですが、

ハードディスクの故障や寿命を前もって予知するのであれば、フリーソフトの「CrystalDiskInfo」を入れておけば、
起動回数やエラー回数などから「正常」「注意」など確認することができます。

フリーソフト(無料ソフト)
CrystalDiskInfo↓
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/hardware/se456541.html


CrystalDiskInfo

「正常」のところが「注意」となってきたら、買い換えを検討したり、交換すれば大丈夫です

そろそろ4、5年経ったとか、あるいはこのソフトを定期的に起動してチェックしていくことで、パソコンの寿命を調べる(ハードディスクの寿命・HDDの寿命)ことができます。

最悪、データが消えてしまった場合でも、復元ソフトで復元することはできますし↓

復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardは世界最強!フォルダ階層・ファイル名まで完全復元!使い方・インストール手順
http://libpsy.com/easeusdatarecoverywizardpro/642

ノートパソコンであれば分解して、外付けのHDDからデータを引っ張りだして復元することも可能です↓

故障したノートパソコンを分解してハードディスクのデータ移行(引っ越し)する方法!


こういう形でのバックアップもあります↓

HDDスタンドと内臓HDDを使って外付けハードディスクでバックアップ


最悪の場合に備えて、両方備え(特に復元ソフト)があれば、最強ですね。

質問があれば私でも直します。連絡ください。

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ