手術室においてよく使う鎮静剤と効果と特徴をまとめておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロポフォール(ディプリバン®)

1分以内で発現
効果は10-20分と短い
自発呼吸できない
血圧と呼吸が落ちる。
乳製品・卵系アレルギーに禁忌。

ミダゾラム(ドルミカム®)

2~5分で発現。
効果は1~3時間と長い
自発呼吸できる
血圧下がりにくい。
前向性健忘(導入してからの記憶喪失)する。術後せん妄が一週間以上大差なく続く。
フルマゼニル(アネキセート®)で拮抗。アネキセートは30~60分しか効果なし
一度アネキセート覚醒後にドルミカムされた場合、抗不安薬ベンゾジアゼピンを飲んで人は痙攣発作起こす
緑内障・筋無力症・リトナビル薬剤投与中の患者は悪化させるので禁忌

デクスメデトミジン(プレセデックス®)

半覚醒での鎮静
発現は15分、効果は2時間
徐脈に注意
フラッシュしてはいけない
自発呼吸できる

エスラックスとブリディオンの拮抗関係

エスラックス(筋弛緩剤)←→ブリディオン(筋弛緩拮抗)