Windows8にてWindows Updateが「インストール失敗しました」でエラーコード8020000Dが出て更新が「失敗」ばかりになりました。

最近は便利なもので、エラーコードに応じて何かしなくても、「自動トラブルシューティングツール」で勝手に直してくれます。

Microsoftサポート:自動解決ツールを利用する↓

http://support.microsoft.com/gp/windows-update-issues/ja#tab0

上記リンクの右にある「ツールを起動する」をクリックして「windowsupdate.diagcab」をダウンロードして、実行します。

すると診断ツールが起動してWindows Updateを直してくれます。

おそらくその後に再起動が必要になると思います。

それでもインストールに失敗する場合など、

エラーコードを確認する方法は下記を御覧ください↓

Microsoftサポート

Windows Update で更新プログラムのインストールが失敗した場合にエラー コードを確認する方法

http://support.microsoft.com/kb/2160283/ja