杉原千畝ビザ世界の記憶・世界記憶遺産と出生地疑惑まとめ

resize0623

CBC(TBS系列)で杉原千畝の出生地疑惑が特集された。
戸籍抄本から杉原千畝の出生地が「岐阜県美濃市」となっており、実家のあった「岐阜県八百津町(やおつちょう)」ではなかったという話である。
過去のネットニュースもなかったので一応スクープだろう。

スポンサーリンク


しかし杉原家自体は千畝の祖父母の代から八百津町なのは間違いないので縁(ゆかり)の地である事実は変わらない。
戸籍上、偶然、千畝だけが美濃市の教泉寺(借家の税務署)で生まれただけのこと。
例えるなら、「私は出身は東京都だが、生まれた病院(出生地)は神奈川県の病院。」と言うようなもので、正直、どうでもいい話である。

問題なのは、2000年以降に、杉原千畝の手記から「岐阜県の美濃市の教泉寺で生まれた」という記述を「岐阜県の八百津町で生まれた」と意図的に書き換えた人物がいるということ。

杉原千畝のユネスコ世界記憶遺産は八百津町も杉原家の子孫も期待しており、子孫も「八百津町出身であると思っていた」と発言し、今いる八百津町民も実際に近所で杉原千畝とその一家と関わっていた。

なのでわざわざ子孫側から杉原千畝や八百津町を陥れるメリットがなにもない。

本気でユネスコ世界記憶遺産登録から杉原千畝を叩き落とすつもりでスキャンダルを(いつものパターンで)作るなら、総務省→広告代理店・電通を通して、全マスコミで(不思議なくらい同時に)ネガティブキャンペーンを張っているはずである。

今回のようにCBCというTBS系ローカルでやるのは上からの力が働いてないことになる。

察するに、杉原千畝疑惑を焚き付けてスキャンダルにしたいマスコミの体質もある。

ただ一方で杉原四男(杉原伸生)の「NPO杉原」(ベルギー)と、杉原孫(杉原千弘)の架空法人の「NPO杉原千畝命のビザ」(東京)が、国際ユニセフと日本ユニセフのように仲が微妙なんだろう。

架空法人「NPO杉原千畝命のビザ」(東京:初代理事長に杉原幸子:杉原千畝氏の妻)設立が2001年(その後10年放置)で、この時に杉原千畝の手記を書き換えたとすると(何らかの意図があってかは知らないが)合点がいく。

なぜ出生地を美濃市から八百津町へ書き換える必要があったのか。

杉原千畝の孫・杉原千弘と八百津町長・金子政則「世界の記憶」協力感謝 敦賀ムゼウムなど訪問(7月5日)
https://t.co/sY5OGGk9eW
杉原千畝の四男、敦賀へ 没後30年足跡たどる旅(7月11日)
https://t.co/U2wb99OnNL

このようになぜか別行動をしている。

杉原四男(杉原伸生)がわざわざベルギーから帰国して愛知県や美濃市や福井県敦賀には行ったのに八百津町へ行かなかった。

逆に八百津町長は孫(千弘)を引き連れて別行動をしている。

しかも四男はテレビ局からスキャンダルを作ろうとする。やはり四男は八百津町への敵意と嫌味があるのだろう。

2000年代以前に鈴木宗男や佐藤優のように外務省のロビー活動を通してイスラエルルートを開拓した時に「出生地も実家も同じでしょ」と「産土神も氏神も同じでしょ」みたいなことで、おそらく親族の誰かが杉原千畝の出生を書き換えた。

恐れ多くも杉原千畝の出生を書き換えれるのは親族だろう。

おそらく東京にNPO作って手記を書き変えて
「美濃市だと土地ないし、八百津町なら北山に土地があるから、丸山ダムもあるし、1億5千万円で杉原千畝の人道の丘公園作るわー。いつも通り自民党さんよろしくー。」→(元岐阜県知事)梶原拓「あいよー」
・・という流れがあって、後に引けなくなったのだろう。

杉原千畝の四男は、兄さんたち(長男~三男)が八百津町と自民党で美味い汁吸って、母を立てて東京でNPO理事までやらせたのに継いだのは孫ということで財産相続的にも残念なことになった。

杉原千畝四男からすれば「なんで俺じゃなくて孫なんだ・・」という怒りがある。

実家のある八百津町への復讐があるのではないかと、共感しつつも察してしまった。

2000年以前は今のように地元有名人出して地域振興なんてほどには比較的廃れてもなかったし、杉原千畝という当時は日本でも知られてないマイナーな人物の盛り立てをしてもメリット無いので、可能性としては人道の丘公園建設へ予算を落とすためという理由で出生地を書き換えたのだと思われる。

主に杉原家の内輪もめが発端ではあるが、杉原家もみんな記録遺産にしたい目的は同じなので、世界記憶遺産に登録されたあとから出生地を美濃市で、育った実家は八百津町と訂正すればそれだけでいいはずだ。

結局、この杉原千畝出生地疑惑の話をスキャンダラスに焚き付けても、自民党が困る(公園建設のために出生書き換えたとかバレる)、イスラエルロビーとユダヤ人(アシュケナージ)および、アメリカのユダヤ人(スファラディ・ミズラヒム)が怒る、というデメリットしか無い上にタブーに触れるので、途中で消される。

「杉原千畝ビザを世界記憶遺産にしたくない勢」に反グローバリストも乗っかかって、イスラエルのユダヤ人とシカゴ・マーカンタイル取引所のレオメラメドの逆鱗に触れるところまで行ったらそれはそれで面白い。

杉原千畝のビザの世界の記憶・世界記憶遺産登録へ向けてのロビー活動まとめ

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ