一人でいると「生きるのが面倒くさくなる」



とあるホームレスの人と話しました。

彼は自分のために衣食住やると

「生きるのが面倒くさくなる」


と言っていていました。

すごく共感できました。

スポンサーリンク



私も一度やったので気持ちが痛いほど分かりました。

働いてる頃は「休みたい」と思います。

いざ休むと半年くらいは「たのしー!」できます。

しかしそれ以降は周りの孤立感で死にたくなります。

まず夜眠れなくなります。

2週間もすれば昼夜逆転になります。

次に朝は早朝覚醒が起こり、夕方は夕日をぼーっと眺めて沈む太陽の姿を見て死にたくなります。

インターネット系も触ると「みんなリアルな人のつながりがあっていいなぁ…自分は…」と謎の疎外感で吐き気がするようになります。

今回、お話を伺ったホームレスの方は家族もいたそうですが、誰もいなくなった家で一人暮らししていました。

ホームレスになったのはその家さえもいられなくなったというのです。

50代で職が見つからなくて貧困ということもありました。

しかし話をお伺いすると、不安よりも一番は孤立感であると言っていました。

このような状態を

アノミー(無連帯)と言います。

ここからうつ病へと発展していきます。

過去記事
自殺と殺人は紙一重

2つだけの世界は精神病になる

最も危険なのは帰属場所・帰属意識のない人


先日、無職になった同級生の友人が
「無職で落ち込みそうな時に”クラナドのアフター”みると元気が出る」と言っていました。

本当にそうだと感じます。

生きる気力がじわじわ湧いてきます。

CLANNAD AFTER STORY Blu-ray Box


CLANNAD AFTER STORY コンパクト・コレクション DVD

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ