「根拠は?」と聞かれて答えたのに「根拠は?」と聞かれた時の返し方

7ea5a3f3

「根拠は?」と聞かれて答えたのに「根拠は?」と聞かれることがある。

医師・看護師・理学療法士・作業療法士などの医療従事者の実習中や職場で多い。

スポンサーリンク


はっきり言おう。

「根拠は?」と聞いておいて、何らかの答えをしても、もう一度「根拠は?」と詰める人は、

確実にディペート(討論)の経験のない素人だ。


それが上司だったら尊敬する必要もない。

「答えられなくなるまで他人を責め立てれば、自分の優位性が誇示できる」
と勘違いしている自分の虚勢に甘えた人だ。


やっていることは小学生以下のいじめと同じだ。

「根拠は?」と聞かれて答えたのに「根拠は?」と聞かれたら

 

「それはトートロジーです。」


と答えよう。

トートロジーは「同義語反復」。
簡単に言えば「同じ意味の言葉を不用意に重ねる」こと。

古い古着、新しい新曲などです。

質問者が理想とする答えを先に持っていて「論点の先取り」をしている場合に起こりやすい。

例えば、

先生「入浴の湯の温度は40~43℃が適当とされているのはなぜか?根拠は?」
生徒「40~43℃の温度が、温熱作用として皮膚や筋肉の血液循環を盛んにし、心機能を亢進させて全身の代謝を高めるためです。」(※「根拠から学ぶ基礎看護技術」編著 江口正信より抜粋)
先生「根拠は?」
生徒「?」

この場合、先生がトートロジーです。

答えられているのに、何の意味もなく不用意に同じ言葉を重ねています。

逆に、

先生「入浴の湯の温度は40~43℃が適当とされているのはなぜか?根拠は?」
生徒「40~43℃の温度が、温熱作用として皮膚や筋肉の血液循環を盛んにし、心機能を亢進させて全身の代謝を高めるためです。」
先生「根拠は?」
生徒「40~43℃の温度が、温熱作用として皮膚や筋肉の血液循環を盛んにし、心機能を亢進させて全身の代謝を高めるためです。」

これは生徒の方「も」トートロジーです。

ただ先にトートロジーをやっているのは先生です。

同じことを繰り返し続けるだけの循環論法になっています。

例えば、新興宗教で
「なぜ尊師に従うのですか?」
「尊師が言っているからです」
「尊師の教えをなぜ正しいと思うですか?」
「尊師が言っているからです」
という掛け合いも同じく「トートロジー」と呼ばれます。

覚えておくと不用意ないじめに頭を悩ますことはなくなります。

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ