都市以外に住む人は受験を意識しなくていい理由

daigaku_toudai

三大都市以外(東京、名古屋、大阪以外)の県に住む人は受験をそこまで意識しなくていい。

私も最近知ってショックだった。

理由は「進学率」。
進学率は進学先の「指定校の多さ」で決まってるから。



どういうことか?

スポンサーリンク


例えば、有名な大学のある都市の高校の一つの大学に対する指定校枠は30人以上あったりする。

その高校の学力がどれだけ低くても。



地方の高校の人は
「えー!?都市部の指定校ってそんなにあるの!?1~2つが普通じゃないの!?」
と驚くだろう。

そうなのだ。

「三大都市部以外の高校」は一つの大学に対しての指定枠なんて1、2人くらいだ。

週刊ダイヤモンドで特集されたことがあった。

私自身も実際に高校の古株の教員から聞いた。

例えば、宗教系の中学・高校が有名大学への進学率が高いのは、縦の繋がりが最初からあるから。

宗教系に限らず(というかどの大学も無宗教はあり得ない。何からの宗教母体が必ずある。)

進学先が国立・私立に関わらず、
点数の高い低いに関わらず、
お金を出して進学ルートを作っているから。



国公立だろうと私立だろうと、金を出して指定校を買って、自分の中学や高校を「進学率が高い」と売り出そうとする。

そんなこと当たり前。

利権絡みで学校側が生徒を有名校にねじ込むことなんて今でも常(つね)。

だから高校が進学率高く、大学も偏差値高く見せるのは必然。





なぜなら、まともに真面目に勉強した地方の人が入りにくいようにさせておく。

指定校枠の中学→高校→大学の縦の繋がりの利権絡みの話がバレるから。

例えば、京都大学の受験生で、
「真面目で成績の良い地方出身者」と、「不真面目で成績の悪い京都府出身者」がいたらどちらを取るか?

不真面目で成績の悪い京都府出身者を採るのだ。

そちらの方が、地元の進学率向上につながるから。


なんと真面目が報われない理不尽な話か。

この裏を知った時、本当に日本人は子供の頃から官僚に競争で遊ばれてるんだなと気付いた。

一見みんな平等な条件でやってるようで、ただお金の利権で遊ばれているだけだ。


だから地方の人はそこまで受験を意識しなくていい。

学歴劣等感の競争に乗せられる必要はない。

これを聞いても尚
「いやいや、受験は大切な通過儀礼だし、良い大学にいかないと将来も危ないよ」
とか言う人はマジで信じなくていい。

都会かぶれして国に洗脳された古い考え方の人だ。

自分の歩んだ道を認めさせたいだけだ。

その幻想はすでに壊れてる。

MOOCやオンライン大学の登場により学歴自体が意味のないものになっている。

重要なのは誰から、どのようなことを学んだか、だ。


かくいう私も国立大学にいたが、別に相手が中卒だから意見を聞かないということはない。

その意見が素晴らしいものであれば逆に学ぼうと感じる。

リバータリアンの立場を言えば、国の利権のセンター試験なんぞ即廃止すべきだ。

国立学校は全て消えるべき。
全て私立学校にすべきだ。
それで競争で授業料も安くなり、教師(当然、資格公務員でなく会社員)の質も良くなる。

低所得者層も助かる。
地域限らず転校も期間も自由。
義務教育はせいぜい小学校低学年まで。

都市部にある有名進学校を受けた2人がいたとする。

真面目で点数の高い地方の生徒と、不真面目で点数も低い都市部の生徒。

実際の実入試で地方の生徒が点数が高くても、

点数の低い都市部の生徒の方が、学校同士のお金の利権絡みの関係でねじ込まれる。

国立でも私立でも同じ。

これが日本の受験入試。



私が小中高と12年間、学校を皆勤し、更に大学4年間まで真面目に皆勤しつつある私がたどり着いた結論が
「義務教育はせいぜい小学校低学年くらいまで。別に通わなくてもいい。国立学校は全てぶち壊し、全て私立学校にすべき。」
というリバータリアン的なものだった。

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ