事故を防ぐには?←「だって私は起こさないんですよ!」で進まない議論~自己愛・アスペルガーとの会話~

business_kaigi

議論がどんどん個人の虚栄心に矮小化(わいしょうか)されていくことがある。

あれ?おかしいな?何の話だったかな?

と思うことになる。

以下は、会議の中でのAさんの応答である。

交通事故を防ぐにはどうしたらいいか?←「だって私は起こさないんですよ!」
災害への備えをどうしたらいいか?←「だって私は大丈夫なんですよ!」
学校でのいじめをどうしたらいいか?←「だって私はやらないんですよ!」
犯罪を減らすにはどうしたらいいか?←「だって私は起こさないんですよ!」
感染予防のためにどうすればいいか?←「だって私はかからないんですよ!」

アスペルガー(自閉症スペクトラム障害)

自己愛性人格障害と会話しているとよく起こる。


過去記事でも似たようなものを書いた↓
「災害より私の方がえらい」と言う自己愛~どうしてみんな津波に飲まれてるの?私は大丈夫なのに!~
http://libpsy.com/narcissus-tsunami/4533/

結局なにがいいたいのか分からない。


結論

「Aさんはすごいでちゅね~~」

おわり。


1時間も、3時間もかけた問題解決のための議論が、

個人の自己愛の虚勢をほめたたえて終わってしまう。



悩み相談の中で、こんな似たような事例をたくさん聞く。


会議が個人一人の自慢話と武勇伝の独壇場になり「へぇすごいですね」で終わってしまうと。

スポンサーリンク



自己愛の「小さな物語」に巻き込まれてしまう。


自己愛アリ地獄のエサにされる優しい人~「小さな物語」という蟻地獄~
http://libpsy.com/arijigoku/4359/

自己愛性の蟻地獄。



「エサになった人が、メランコリー型のうつ病を強要される」。

独善というアリ地獄に引きずり込まれる。

「無条件で私の言うことを聞け」という世界に引きずり込まれる。

これが家族や学校や職場で、集団で起こってしまう。


まるで建設的ではない。

20代になっても
30代になっても
40代になっても
50代になっても
60代になっても
70代になっても
80代になっても
90代になっても
100代になっても

こんな会話をしている。

彼・彼女らは乳幼児のように

「すごいでちゅね~~~」

と褒めてほしいのか。

いや、そうではない。

「想像力の欠け」によって「他人の状況」が分からない。

自分以外の他人が分からない。

同じように思考する生き物だと考えたこともないのだ。



彼らは映画上映中にスクリーンの前に出てきて遊ぶ子どもと同じ。

映画なんかより

「わたしをみてーーーー!!」


と大衆の前でやる。

それを

「すごいでちゅね~~~~」

と盛り立ててはいけない。




いくら上司だろうとも、いい年した大人でも、脳みそは5才児で止まっている。
例えではない。本当に物理的に、血流が回ってないのだ。


「他人がどう思うか」と認識できる脳の回路に血流が回っていない。

「自己愛」(未熟な自己愛)の段階で発達が止まっているのだ。

%e8%87%aa%e4%bd%93%e6%84%9b%e8%87%aa%e5%b7%b1%e6%84%9b%e5%af%be%e8%b1%a1%e6%84%9b

舞台ごと撤収してあげることが躾(しつけ)であり、多数派の幸福のためだ。


ではどうすればいいか?


まず目的の共有が必要になる。

自由参加型で意見を言っていても萎縮してしまうだけだ。

集団においてはまとめる人が、意見を言いづらい人も配慮しながら発言を振っていく必要がある。

そこで目的となる共通した話題へと常に戻す必要がある。

個々人の武勇伝が始まってしまったら、
「Aさんはそうなんですね。ちなみに○○の件ですが…」
と自己愛を一度はキャッチしてから、話題を元に戻す必要がある。

また会議や議論の集団の場では、時間をもうけ、発言権も限らせることで自己愛の表出を最小限にできる。

一番理想的なのは、「匿名にする」ことだ。

日本では年功序列の空気で年上には逆らえない空気がある。

KJ法(紙に意見を書いてまとめて話題を抽象化していく)

ブレインストーミング(否定しないというルール)
を組み合わせることで、より建設的な議論が可能になる。









スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ