医師、看護師、介護福祉士、社会福祉士、理学療法士、作業療法士などで実際に医療介護現場に立ってみると「あっ、ここでこうだといいな。」と気づけます。

私は介助や処置や移動の際に、靴で転倒、つまずき、疲れ、汚染から以下の条件で最強のシューズを探すことにしました。

  • マジックタイプであること
  • (ひもタイプではほどけて転倒、濡れて汚染の原因になるため。)

  • メッシュ部分が少ないこと
  • (血液の感染や入浴介助での濡れを防ぐため。)

  • 靴底が滑らないこと
  • (しかし靴底の溝が深すぎると何か落ちている物が挟まる。極力シンプルなこと。)

    ※エアークッションは基本はスポーツで長時間、前のめりで走る人向け。必要かどうかは部所による。

スポンサーリンク


結論から言えば、ミドリ安全のナースシューズに決めました。


[ミドリ安全] ナースシューズ スニーカー CSS01N


マジックタイプかつメッシュ部分も少なくてエアクッションもあり。靴底も溝がシンプル。

【気になる臭いを抑える】悪臭の原因のバクテリアを抑える“抗菌防臭効果”や臭気を中和消臭する“消臭効果”のあるオーダレス加工インソールを採用することで、靴内を清潔にキープ。
【血液・薬品・落下物から足を守る】つま先にメッシュ素材を使用していないので、落下物や薬品、血液の付着からつま先を守る安心設計。
【ソフトな人工皮革/メッシュ】危険度が高いつま先は人工皮革で覆い、サイドは通気性を考慮してメッシュ材を使用。
【滑りにくいハイグリップソール】特殊配合の合成ゴムと滑りにくい意匠で防滑性を向上。
【軽量かつクッション性が高いインソール&ソフトな素材のソール】長時間の勤務でも疲労を軽減。

欲を言えばもう少しメッシュ部分も少なくてよかったですが、最適解です。

抗菌・防臭加工もされてカラーを選べるのが良心的です。


比較検討されたシューズたち。

次点でアプロンアパレルのナースシューズ、エアーシューズです。
もしミドリ安全がなければこちらでも良いです。


アプロンアパレル(apron) 189-10AP ナースシューズ(マジックタイプ) 21.5~26.0cm 医療ユニフォーム ナースシューズ


マジックタイプかつメッシュ部分も少なくてエアクッションもあり。靴底も溝が少ない。


アプロンアパレル(apron) 188-25AP メンズエアーシューズ(マジックタイプ) 24.0~29.0cm 医療ユニフォーム ナースシューズ


マジックタイプかつメッシュ部分も少なくてエアクッションもあり。靴底も溝がシンプル。


[アシックスワーキング] ナースシューズ NURSEWALKER 300SE


マジックタイプでメッシュ部分も少なくて理想的だが、靴底の溝が深すぎる。


[アシックスワーキング] ナースシューズ NURSEWALKER202


マジックタイプかつメッシュ部分も少なくて理想的だが、靴底の溝が深すぎる。