礼拝できる人は強い~なぜ神社に鏡があるのか~

resize1202

「拝む」という行為に対して、
「弱い心の者がすがる依存」
とか
「現実逃避」
とか
「御利益を求める打算」
とか言う人は、本質的に仏教の知識が浅はかすぎる。

 

「礼拝」とは「対峙」

スポンサーリンク


拝むことで自らと向き合い、より抽象度の高い神仏へコンフォートゾーンを投影してホメオタシスすることが本意である。

例えば、神道(神社)は鏡が置かれており

「鏡を拝む時、映るのは誰か?」

等と問いかけることがある。

それは自分なのである。

仏に対しても同じで

「仏であればどうするだろうか?」

という極めて抽象度の高い問いを礼拝(らいはい)を通じて自分との対峙の投影とすることで、その空間にアクセスして適応させる効果がある。

常に自らのコンフォートゾーンの外側には神仏などの達成できるかできないか有るのか無いのか不明なものを置くことで、
内側での抽象度を上げる作業(情報包摂)および具体的なコンフォートゾーンでのゴールイメージが作りやすくなる。

「礼拝」とは外側と内側を繋ぎ再自覚・再構築する役割がある。

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ