あなたの影響力はどこまであるのか?(社会的インパクト理論)

resize0745

社会心理学の社会的インパクト理論(Latane&Wolf)では、1人の個人の影響力の及ぶ限界は50人くらいだとされている。

講義をしても100人以上だともう影響力はなくなる。

ある集団が50人を越えると、その中から他集団ができてしまうため、影響力がなくなり統率できなくなる。

スポンサーリンク



その影響(インパクト)は、影響の発信源の地位や権力などの強さ(a)、受け手のと距離的な近さ(b)、受け手の人数(c)で決まる。
a×b×c=社会的インパクト(I)。aとbを固定するとI=kN^iとなる。(k、iは定数i<1)でNが一定レベルを超えても影響力は変わらない(大体50人)

つまりSNS(Twitter、Facebook、LINE、mixiなど)でフォロワーやフレンドの人数が50人以上いる場合、自分がその人へ情報発信しても影響力は薄い。

逆に人数が50人以下の人への発信は影響力が強い。

Twitterでもフォローしている人が50人以上の人への自分の影響力は弱い。

しかしリツイートの可能性があるので他集団で影響力を持つ可能性がある。

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ