香港一人旅 1日目 ~空港から香港へ、香港・中環市内観光~

HongKong夜景

今年は香港へ一人旅しました。

去年のシンガポール以来の1年ぶりの海外旅行です。

中国バブルと呼ばれる昨今、どうしても中国の香港も行ってみたかったのです。

格安海外旅行の必需品まとめ【準備・持ち物・服装・予約】
http://libpsy.com/overseas-travel-necessities/1536/

また上記の「格安海外旅行の必需品まとめ」の方法で準備をして出発。

過去日記

【時田憲一(tokeyneale)の一人旅シリーズ】

2014年秋
東京へ一人旅してきました
2014年冬
シンガポール一人旅 1日目 ~チャンギ国際空港からホームレス化するまで~
2014年冬
出雲大社一人旅 2014式年遷宮後
伊勢神宮一人旅 前編 2013式年遷宮 -内宮-(1日目)
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-1660.html
伊勢神宮一人旅 中編 -居酒屋 海山と伊勢ウィークリーマンション-(宿屋)
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-1663.html
伊勢神宮一人旅 後編 2013式年遷宮 -外宮-(2日目)
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-1664.html
リトアニアの旅 時ニール 2010-10-17 のつぶやき
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-226.html
リトアニアの旅2 時ニール 2010-10-18 のつぶやき
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-227.html
リトアニア→フィンランド→フランスへの旅 時ニール 2010-10-19 のつぶやき
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-228.html
フランスの旅 時ニール 2010-10-20 のつぶやき
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-229.html
フランスの旅2 時ニール 2010-10-21 のつぶやき
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-230.html
フランスの旅3 時ニール 2010-10-22 のつぶやき
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-231.html
諏訪大社へ行ってきました 2009年
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-39.html

GLOBAL Data Wi-Fiルーターレンタル
GLOBALDataレンタルワイファイ

私が今回(というより、いつも)利用しているのはエクスコムグローバルデータさんが提供している海外Wi-Fiレンタルです。

↓詳しくはこういうのです。比較した結果、特に安価で便利でした。

Wifiレンタル

 

空港で事前に予約しておいたGLOBAL DataのWi-Fiルーターを受け取ります。
1日使い放題で600円くらいです。
スイッチを入れてカバンに入れておくだけ。一緒に持ち歩くだけでネットが高速使い放題です。帰国したら空港の窓口に返すだけ。
主要キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で国際ローミングを申し込むと1日1000円以上かかるので、短期旅行の時は国際Wi-Fiルーターをレンタルするのが最もお得です。
1週間以上の長期旅行の場合は現地で1ヶ月1000円とかのSIMカードを買ってスマホに入れるのがベストでしょう。

シンガポールの時にWi-Fiルーターなしで行ってしまって現地で困ったので、今回は完璧です!

雲海2

飛行機はANA(全日空)を利用しました。
いつもはLCCを利用します。
しかしLCCでは上海→香港という乗り継ぎルートしかなかったので、+2万円積んでANAの香港直通を選びました。
それでもホテル代と航空券合わせて7万円くらいでした。

ANAの機内食
ANA機内食

オススメと言われた和食の白身魚とタルタルソースのランチです。機内食の蕎麦もまた美味しいと感じます。
外国では日本の「おかき」が人気。知っていてかANAでは飲み物とおかきが出ます。

飛行機内で「出入国カード」をキャビンアテンダントさんからもらって書いておきます。
(シンガポールの時のように日本の空港の搭乗手続き受付窓口ではもらえませんでした。飛行機内でもらってくださいと言われました。)

着陸直前に何か長い海上道路らしきものを作ってるのが見えました。

香港へ飛行機

香港国際空港
香港国際空港到着

空港到着後、道なりに突き当たるまで行けば検問があるので、出入国カードとパスポートを提示して通してもらいます。

出た先が荷物受け取りのコンベアが流れる場所になるので荷物を取ります。

香港国際空港の無料電話
香港空港無料電話

この「検問通過後~荷物受け取り場の間のみ公衆電話が無料」です。
上のような電話があります。
受話器を取って番号を押すだけで掛かります。
現地で待ち合わせの人がいる場合、ホテルへの連絡が必要な場合など、ここで「着いたよ」くらいの連絡をしましょう。

また検問前、検問後、荷物受け取り、それ以後でも両替所がしっかりあるので現地の通貨に両替しましょう。

香港両替所トラベックス

香港市内でも両替所もありますが、変なところだと手数料を多くかけてきたりします。
慣れないうちは空港での両替が信頼できます。(空港も利率が悪いですが仕方ないです)
「Exchange Please」でお金を出せばそれだけでいいです。
香港ドル
resize0938

今回は円安(1ドル=120円)を受け、1円=0.060HKD(香港ドル)というひどい利率。
空港内のどこで両替しても利率は変わりません。
利率が悪いので念のため3万円両替しました。
1800HKD(香港ドル)。数日ならこれくらいでいいです。

ゲートを出ます。
それまで警備が厳しいです。一方通行的です。少しでも戻ろうとすると「excuse me!」と止められます。

機場快線(AEL:Airport Express Line)
香港機場快速ALE

出たら機場快線(AEL:Airport Express Line)という緑の窓口を探します。
電車です。香港市内へ20分くらいで直通してます。

ここの窓口で「round trip ticket please(ラウンドトリップ チケット プリーズ)」と言えば、1ヶ月まで有効期間のある空港と香港間の往復チケットが買えます。
空港-香港駅の場合、片道チケットがHK$100、往復チケットがHK$180、同日往復チケットがHK$100です。(2000円~2800円くらいです)

香港機場快速ALEチケット

電車はとても清潔で快適です。騒音も臭いも何もありません。適切なクーラー温度です。
日本の新幹線と同じような感じです。香港島周辺の景色を楽しめます。
香港機場快速ALE内部

香港駅に到着しました。

どんな旅でもそうですが、まずは「拠点」にたどり着くことが最優先です。
「拠点」とはホテルのこと。
シンガポールでホームレス化した反省から、寝る場所とコンセントの電力だけは最優先で確保してから現地を周ることにしました。

ホテルは香港の「中環(セントラル)」という地区だったので、香港駅から中環駅まで歩きます。



中環駅の最寄りの出口からホテルに向かいます。

HOTELMINICentral

今回は「HOTEL MINI Central(ホテル・ミニセントラル)」という安価なビジネスホテルにしました。
日本で言うと東横イン的な感じです。
毎度のことながらホテルの受付で「check-in Please(チェックインプリーズ)」と言ってパスポート見せるだけです。
全室カードキーのオートロックで警備の男の人もいます。
受付のお姉さんは英語と広東語しかしゃべりませんが、伝えようとしてくれる努力をします。

香港式(イギリス式)のホテルの決まりでサービス料は先にデポジットとして支払わなければなりません。ここでは受付で500香港ドルを預けます。
特に何もなければチェックアウトの時にそのまま返してくれます。控えの紙をもらえるのでなくさないように。

HOTELMINICENTRALROOM1

HOTELMINICENTRAL部屋2

必要最小限という感じですが清潔でした。シャワー室が少し狭いけど一人なので別にいいです。

コンセントでの充電を確かめます。

香港コンセント1


コンセント変換プラグ
香港コンセント2


電源タップと変圧器
香港コンセント3


完成!
香港充電完了図

HOTELMINICENTRALWi-Fi

ホテル独自の無料Wi-Fiもありました。とても安定した速度で快適でした。パスワードはカードキーの書いてくれる親切さ。
拠点を確保できたので、貴重品を金庫へ、荷物を最小限にして、香港の街に繰り出します。

とにかくすごい人と車。
エンジン音、クラクション音、横断歩道の信号機のテテテテテテテテテテテ…というけたたましい音が響いています。
中環中心街



いきなり駅前に吉野家を発見。ここでも豚丼を推していました。
香港吉野家

ホテルから徒歩7分くらいの場所にセブン-イレブンやサークルKがありました。
セブン-イレブン
香港サークルK

香港でも店舗向かい合わせで競っています。

セブン-イレブンジュース
売っているのも日本製で馴染みのある日本のものばかり。安心感がありました。

近所のTSIM CHAI KEEという店で夕食に。

TSIM CHAI KEE店前

香港では相席は普通です。席が空いてれば相手が知らない人でも相席で座ります。
相席の相手は知らないおじさんでしたがジェスチャーで「どうぞどうぞ」してくれました。

観光客の人気店でワンタン麺がオススメらしいです。メニューも日本語で書いてありました。
従業員のおばさんたちが気遣いできる愛想の良い人でした。
TSIM CHAI KEE

ワンタンと魚のつみれ団子の入った麺を注文。
TSIM CHAI KEE ワンタン麺

味は確かに美味しい方だと思います。食べれない味ではないです。
特にワンタンは地元ならではのソウルフードという感じです。
魚のつみれ団子は少し香りが馴染まないものだったので、ワンタンだけで十分でした。
見た目より量が多くて満腹になれました。

しかしやはり中国バブルの本拠地・香港。
とにかく活気があります。若者が夜も闊歩しています。仕事終わりに居酒屋で飲み明かして騒いでいます。

どんな小さい店も潰れてるような感じはありません。駅前や路地裏でさえホームレスもほとんど見かけません。
景気が良いので何らかの形で雇用されるからです。

外での喫煙者が多いですが、屋内での喫煙は厳しく取り締まられるのでその辺りはしっかりルールを守っています。
(逆に日本のファミレスの店内での分煙の方が不潔だと考えているようです。そもそも店内で喫煙するな、と。)

夜の香港

香港は中国人(香港人)だけではないです。相当数のビジネスマン的な白人がいます。(黒人は少ないかな・・)
元イギリス領としての影響が強いです。

この感じはどこかで味わったことあると思ったら「フランス」でした。
5年前に行ったフランスの荒廃的な感じ。そして「人種のるつぼ」でいろんな人種がうごめいている。雰囲気がとても似ています。
「フランスはヨーロッパ内の中国」と言われていますが、なるほどそうかと納得しました。

夜の香港の街

お洒落なバーで飲んでいる人たちの風景が実に絵になりました。

夜の香港2

夜の香港

セブン-イレブンで夜の夜食を調達。
レジのバイトの男の子が、いかにも日本の最近の大人しめのシャイな高校生という感じで親近感を感じました。

香港セブン-イレブンにて



温度は1年中、夏。
温度も25℃前後なので水分は欠かせません。

香港セブン-イレブンにて2

風呂あがりに飲むのが最高でした。

香港日本特集

テレビをつけると「どんだけ日本好きなんだ」というほどの日本特集。
外国人が英語で日本の観光スポットや伝統工芸などを紹介する番組が永遠とやっています。

いまだにバブルの香港の若者でも「日本への憧れ」が強くあります。
日本のバブルを見ていた親世代だけかと思いましたが、若者世代でもあるようです。
「一生に一度は日本へ行きたい」という願望を持っており、香港の中学生や高校生でも日本の芸能人(ジャニーズやAKBなど)は知っているのが当たり前という感じです。台湾と同じくらい親日的でした。

現地の人の話によると、その理由は「味」にあるそうです。
ヨーロッパや中東のみならず、周囲のアジア各国のハブとして物が集まる香港でも「日本の味」を超えるものがないからです。
「寿司」と「天ぷら」は2強らしいです。

特に「お菓子」です。

セブン-イレブンやサークルKでさえ、日本製のお菓子は高価格であり、それでいて他の国のと比べ物にならないくらい美味しいです。

日本ではお菓子の種類が飽和しすぎて「抹茶味」とか「きなこ味」とか「納豆味」とか「誰が食うんだ、こんな味」という域まで変態化しています。

しかし外国では「日本の普通の味」だけで高級品化しているのです。

特に「お菓子の味」は幼少期から洗脳されるので、すごい効果があります。

これは去年、私がシンガポールのマリーナ・ベイ・サンズという高級ホテルの最上階で料理を頼んだ時に「日本料理」が出てきたのと同じ現象でした。
シンガポールでも香港でも最高級=日本という認識なのです。
もう中国は日本よりGDPが上になり、しかもバブルですので見下してるかと思っていました。
しかし気持ち的には、日本に対するユートピア幻想が凄まじい期待値となって憧れを抱いてることがよく分かりました。

ドラマもアニメも日本の2~3年前のを今放送していました。 ごちそうさん



また日本特集

青の祓魔師(2012)



聖闘士星矢(2014)


香港テレビ戦略に関する解説。
03/17のツイートまとめ 心を支える心
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-3155.html

簡単にいえば、ものすごい親日的な方向へ行こうとしてるんだと感じました。

続く
香港一人旅 2日目① ~HSBC銀行に学ぶ風水とパワースポットの奇跡~
http://libpsy.com/hongkong-travel-2ndday-1/2480/

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ