裕福な隣人がいるほど自殺率が高まる~アメリカのGDPのウソ~

イラストで比較:アメリカ人と日本人の11の違い
http://t.co/AJCbDh9q
アメリカ人の収入の多さに対する、少ない労働時間とテレビ見る時間の多さから、「ミニマムペイメント」のカラクリに気付くべきだと思う。

アメリカのGDPはそもそも大ウソ。世界一ではない。

個人がリボ払いでクレジットカードを使いまくり、毎月利子だけを払う(ミニマム・ペイメント)。

永遠に借金を続けることで、無理やり個人消費を伸ばす。

だからGDPが巨大になる。

スポンサーリンク


クレカの消費を除けば、アメリカの一人当たりGDPは日本以下だ。

裕福な隣人がいるほど自殺率が高まる傾向(米研究)
http://t.co/n1wTb2LC

同額の年収を得ている人が2人いたとして、近所の人がより年収の高い地域に住んでいる人は、近所の人が年収の低い地域に住む人より4.5パーセントも自殺しやすい傾向

自殺率と隣人の収入の関係の話は、アメリカならではで「信頼を重きを置く分、安心が希薄になる」からだ。

隣人から搾取されるのではという社会的不確実性が常に付きまとうから自殺率も上がる。

正直者はバカを見るか?~信頼と安心のコスト~
http://t.co/D8x5Qard

アメリカの「信頼」というのは、人間同士の「ヨコの契約」(同じく、神と人との「タテの契約」がある)。

これがあるから日本のように社会的な中間包括組織の空洞化が起こりにくい。

ただし「安心」が希薄になる。

今や日本はエートスの帰属先もないので、信頼も安心も希薄になってアノミーが進行しやすい。

木下 栄蔵 の 経済学はなぜ間違え続けるのか―マルクスもケインズも見逃した経済の2つの法則


小室直樹 日本人のための経済原論


と合わせて読むと良い。

経済学はなぜ間違え続けるのか(名城大学・木下栄蔵)

20160921-43142

20160921-43213

20160921-43256

20160921-43241

よくまとめられてる。

現状の双対問題経済の日本でのリカード比較優位推しのTPPグローバリズムの危なさや、デフレだからインタゲ推す人がTPP推す経済学的な矛盾にも気付ける。

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ