精神病や障害という免罪符を利用すると嫌われる

resize1228

いろんなうつ病の人を見ていると、申し訳ないが、やはり比べてしまう。

当然、人によって自分への病への解釈の大きさは違うかもしれないが。

正直、うつ病と診断されて薬飲んでる人の中には、明らかに本格的なうつ病と比較して、症状は神経症レベルで軽い人が多い。

スポンサーリンク


基本的に人はアノミー(無連帯・無秩序)を恐れるので、必ずどこかに自分の帰属意識がある。

無神論・無宗教も自分教も、それを言う時点で、共感で仲間を求めているので帰属意識は同じ。

しかし、どうも精神病名や障害名に自分を帰属させて、不幸な自分だと言って周囲の注目を引かせようとする人も多い。

「私は~という病気だから、こういう反応をしてしまうんだ。」と納得するのは便利で容易かもしれないが、
「それを理解できないのは周りのせいだ。私に対する配慮が足らない。」と続くと、周囲から嫌われる。

そして憤慨してまた「私が怒ったのはこういう病気だからだ。」と振り出しに戻って悪循環する。

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ