無言で海外旅行する方法



よく海外旅行について「英語しゃべれないけど大丈夫?」と聞かれます。
または「その国の言葉を練習しなくちゃいけないのでは・・」とハードルを高く考えている方がいるようです。

 

そんなことはありません。

 

正直、無言で行けます!

私自身、現実でも相当にコミュ障(コミュニケーション障害)で無口です。

しかし無言での海外旅行を何度か実践しているうちに慣れてきました。

想像してみてください。

美味しい料理を食べて、たくさんのおみやげを買って、綺麗な風景を見てわーっと思うだけの旅行だって楽しいはずです。

スポンサーリンク


日本にいるうちは日本の空港でも日本語のままですし、
外国の空港に着いても入国までしゃべることはありません。
買い物でもしゃべりません。
食事でもメニューを指差すだけ、番号を指差すだけも伝わります。
帰りの外国の空港でもしゃべりません。

それでも最小限に必要だと思った英会話の単語は

yes/no(イエス ノー)・・はい/いいえ。返事をする時
Exchange Please(エクスチェンジ プリーズ)・・両替をお願いします。
Check-in Please(チェックイン プリーズ)/Check-out Please(チェックアウト プリーズ)
・・(ホテルのロビーにて入る時と出る時)チェックインをお願いします/チェックアウトをお願いします。

これだけです。

しかしこれも、
両替を日本でしていけばエクスチェンジも使いませんし、
予約をした紙をロビーに出せば、帰りはルームキーをロビーに出せば、それだけでも伝わります。

いつも私は楽天トラベルかExpediaで飛行機とホテルごと予約して、その予約した紙を持っていくだけで旅行しています。

特に楽天カードはおすすめです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

私の場合、半年で50000ポイントほど貯まります。
1ポイント1円なので5万円分です。
貯めたポイントで次にまた泊まるという良い循環をしています。
楽天カードにしてから旅行に出費したことがないです。
この良い循環を作り出すためにはまずは楽天カードを作って、
最初は普通に旅しながらポイントを貯めることを意識していくと良いです。

超おすすめ!楽天カードの真価はポイントと旅行保険!


あとは必需品を揃えることです。

もし初めての海外旅行の場合は、
グアム、ハワイ、シンガポール、香港、上海、ニュージーランド、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、韓国など比較的に治安が良くて英語も通じる初心者向け(イージーモード)な国を選ぶことをオススメします。
東南アジアや太平洋側で8時間以内に行ける場所が良いです。

格安海外旅行の必需品まとめ【準備・持ち物・服装・予約】
http://libpsy.com/overseas-travel-necessities/1536/
シンガポール一人旅
http://libpsy.com/traveling-alone-singapore1/1551/
香港一人旅
http://libpsy.com/hongkong-travel-1stday/2410/

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ