学生にママを求めちゃってる教師(首実検と公開処刑)

resize0627

私が最近見た中で酷かったのが、教員が学生に進路指導教育と称し、学校のパンフレットの山を学生に出し
→「進学先の学校をこの中から選べ」
→(学生が)選ぶ
→「そこは無理。お前バ力だろ。選べ。」
→選ぶ
→「いい加減にしろ。お前に行ける学校なんてないんだよ。選べ。」
→選ぶ
→「いい加減に…」
・・と無限に繰り返すいじめだった。

スポンサーリンク


結局、教師は何がやりたかったかというと、進路指導ではなく、「オレって一番エライんだぞ、えっへん」という虚勢である。
そのために落ち込んだ学生を部屋に呼び出し、サンドバック代わりに「お前は下なんだよ、無能なんだよ、フヒヒヒヒ。」といういじめを行っていた。

答えられなくなるまで質問攻めにして困らせることを「首実検」。

それを人前でやることを「公開処刑」という。

これらは余裕で不法行為や人権侵害に抵触する。

教員がこれをやっているとあまりに脳みそが幼すぎて見てる方が情けなくなってくる。

「あぁ、学生にママを求めちゃってるよ、この人。甘えてるよ…」と思う。

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ