レオポルド触診法

ケアの目的
腹部触診による子宮内の胎児の位置、姿勢、数、羊水の多少の観察。子宮底長測定の子宮底位置・胎児心音聴取の聴取位置、妊娠線、浮腫、腹直筋離開の観察。

実施方法・手順(事前学習)
【準備】
仰臥位で股・膝関節を曲げ、腹壁を弛緩。観察者は妊婦の右側に頭部に向かって立つ。
【手順】
●第1段
観察者は両手を子宮底に置き、両手の先端を合わせて腹壁を軽く押しながら触診。
子宮底の位置(高さ)、形、胎児部分の種類を観察。

●第2段
子宮底に当てた両手を臍の左右の側腹部にすべらせ、両手の手掌で交互に圧を加えて触診。
子宮の形状・大きさ・緊張度、用水の多少、胎向(児の背部と小部分から判断する)、胎動等を観察。

●第3段
右手の拇指と示指を開き、その間に胎児先進部をはさむ。拇指と示指を交互に軽く押しながら触診。
胎児先進部の形状、大小、硬度、移動性、骨盤内進入状況、浮球感などの観察。

●第4段
観察者は、妊婦の足の方に向きを変え、両手の指先をそろえて左右の下腹部に当てる。両手の指先で軽く押しながら触診。胎児先進部の状態を第3段と同様に確認。


根拠・留意点(事前学習)

手指が冷たいと腹壁を刺激し緊張させることがあるので、あらかじめ暖めておく必要がある。
乱暴だと妊婦に苦痛を与え、腹壁や子宮がその刺激によって収縮し、胎児部分の触診ができなくなるため、腕や手先の力を抜き、指腹で腹壁の上を優しく丁寧に触診する。

【胎児部分の特徴】として
◯頭部:児体の他の部位よりも大きく、球形で硬く、表面にでこぼこがない。児頭がまだ移動するときは浮球感がある。
◯殿部:頭部についで大きいが、全体に柔らかく、表面にでこぼこがある。浮球感はない。
◯背部:一様の硬さの弓状に弯曲した長い板状に触れる。多動性がない。
◯小部位:背部の反対側にあり、数個の小さな小結節として触れることが多い。衝突様運動を行い、移動しやすい。

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ