なぜ障がい者は自傷行為するのか?

question_head_boy

昔、障害者福祉の先生が「なぜ障碍者は自傷行為するのか?」と学生に投げかけたことがあった。

その時の先生の言葉を印象深く覚えている。

スポンサーリンク


『例えば、自分が光も声も味も匂いも何も感じれなくなったとしよう。
当然、他人とコミュニケーションが取れないわけだから、
自分が存在していることすら分からなくなる。
そんな時、唯一自分が自分自身で存在を実感する方法が感覚的な”痛み”しかない。
だから障害者は自分を傷つける自傷行為をする。』


とても納得できる言葉だった。

知的障害者は、

突然に指を噛んだり、自分の手首を血がでるまでかきむしったり、頭を壁にぶつけに行ったりする自傷行為を行う。

これは知的障害者に限らず、人間全てに共通することでもあるからだ。

人が自傷行為をする時は、アノミー(無連帯・無秩序)になったときだ。


リストカットや自殺企図をする。

自分を痛めつけようとして自傷行為をするのではない。

自分の存在を確かめようと自傷行為をするのだ。



「痛み」以外に自分を認識できる方法がないほど、追い詰められているということだ。

このように肯定的に受容することから心理的な対応がスタートする。

スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

人気記事ランキング

このページの先頭へ